沢尻エリカ容疑者、薬物以外に「ヤバいカクテル」にもハマっていた!

拡大画像を見る

 女優の沢尻エリカ容疑者が11月16日、法律違反の合成薬物を所持していたとして逮捕。だが、ほかの薬物にも手を出していた可能性が出てきた。

 18日配信の「NHK NEWS WEB」では、警視庁の調べに対して沢尻容疑者が10年以上前から様々な薬物を使用していたことを供述。「有名人が逮捕されるたび、私も危ないと注意していました」と話していることを報じた。

「ハッパと呼ばれる薬物を長く続けると幻覚や妄想、知的機能の低下などが見られます。合成薬物の乱用は幻覚や幻聴、精神錯乱、脳や神経の破壊、心臓や肝臓の機能低下に直結。“エル”の俗名があるクスリは強力で、たちまち幻覚の世界へ引きずりこみます。乱用すれば精神異常をきたすこともある。これらの薬物を長年に渡り使用してきたとすれば、沢尻容疑者の心身は相当蝕まれているはずです」(週刊誌記者)

 薬物だけでなく、沢尻容疑者は酒も刺激的なモノを求めていたようだ。なんと、自ら強力なカクテルを考案して飲んでいたという。

「2015年公開の映画『新宿スワン』の福岡で行わた舞台挨拶で、沢尻容疑者は『マウイパンチ』と命名した自作のカクテルがあることを明かしました。ウイスキーをエナジードリンクで割ったものだそうで、沢尻容疑者は『ぐびぐび飲めちゃって、もう次の日がやばい』と、相当強力なカクテルであることを匂わせていました」(芸能記者)

 薬物や酒ではなく、今後は仕事に刺激を求めてほしいものだ。

(石田英明)

関連リンク

  • 11/19 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 長生きできないなぁ…(笑)

  • ばんび

    11/21 16:23

    AVで復帰して欲しい(^w^)

  • まる☆

    11/21 12:31

    大袈裟に書いてるけどハッパって大麻の事じゃん。地方によって呼び方違うのかな

記事の無断転載を禁じます