紅蘭、大腸ポリープ手術でまさかの展開「私の心の準備ができてなかった」娘が突然…

拡大画像を見る

 俳優・草刈正雄の長女でタレントの紅蘭が18日、インスタグラムを更新し、テレビ番組で明らかになった大腸ポリープの手術を終えたことを報告。良性か悪性かなどの詳細はこれからとしたが、手術で思わぬ出来事が起こったことを明かした。

 紅蘭は12日にTBS系で放送された「名医のTHE太鼓判!」で、大腸にポリープがあると指摘され、同日のインスタグラムで手術を受けることを報告していた。

 その手術は無事終わったようで、「先日、大腸ポリープ切除手術してきました」と笑顔の写真とともに報告。手術を受けるにあたって、薬や点滴を受けることになり現在11カ月の長女の授乳を一時的に止めなければならなくなったという。

 そのため搾乳し、娘に与えていたものの「1日あげなかっただけで次の日にはもういらないよってなっちゃいました」と突然の“卒乳”となってしまった。

 これに戸惑ったのは娘ではなく紅蘭。「いきなりの卒乳に私の方がと毎度寂しさがヤバかった」「娘はもうガッツリ食べるし授乳なくても心配ないのですが、私の方が心の準備ができてなかった」と寂しさをにじませていた。

関連リンク

  • 11/19 12:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ぐっさん

    11/21 11:55

    此れは予想外の子供の発言(笑)

記事の無断転載を禁じます