三浦瑠麗氏、木下は「SNS使い方があまりにバカ」と呆れるも…「ニュースバリューない」

拡大画像を見る

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が19日、フジテレビ系「とくダネ!」で、活動休止を発表した木下優樹菜について「SNS、これだけ人気者なのに使い方があまりにバカだよねというのはあるにせよ、正直ニュースバリューあんまりないと思う」と感想を語った。

 番組では、姉が勤務していたタピオカ店店主へ恫喝めいたメールを送ったことが発覚し、活動休止を発表した木下優樹菜について特集。木下と夫のFUJIWARAの藤本敏史が店主に謝罪に出向くも、いまだに対面がかなっていないことなども報じた。

 三浦氏は「私は、こういう風に直接会いに行くみたいなのは、こじれちゃった中では弁護士にお任せするのが本来の筋で、会いにいく、会えないみたいなやりとり自体が完全にワイドショー化している」と意見を述べた。

 そして、過去に1度、木下と共演したことがあったと振り返り「ちょっとヤンキーっぽい感じを売り物にはしているが、温かみがあるという、そういうギャップ(が特徴)だったと思う」とコメント。今回の恫喝メールについては「温かみがないことは確かなんですけど、SNS、これだけ人気者なのに、使い方があまりにバカだよねっていうのはあるにせよ、これ、正直ニュースバリュー、あんまりないと思っちゃう」と冷静に語っていた。

関連リンク

  • 11/19 10:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 三浦さん、木下優樹菜は元々が「おバカタレント」枠で人気が出たもので、それも「この局の番組」でしたから。あらためてバカ呼ばわりしなくても視聴者は知ってますから(笑)。 

記事の無断転載を禁じます