沢尻エリカが緊張のあまりか水を飲み干すシーンが… テレビ番組でドラッグ使用に釘を刺す俳優がいた

元々、嘘を付くのが苦手な人だったのかもしれない(写真はイメージです)

合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者。そんな彼女に、ある共演者がトーク番組にてドラッグに関する忠告をしていたのではないか……とネットで話題になっています。

関連記事:上沼恵美子「一週間ワイドショーが楽しみ」 有吉弘行は「っぽかったじゃん!」 沢尻エリカ逮捕に多くの関係者がコメント | TABLO

その番組とは、今年9月22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)。これには沢尻容疑者のほか、俳優の小栗旬さんと映画監督の蜷川実花さんが出演していたのですが、ある場面で役者が演技や役に没頭するあまり、フィクションと現実の境界線が曖昧になることがあるという話になったのです。

そこで小栗さんは「人間って正直そこまでほんと強くないじゃないですか、心が。たぶん。とてつもなく繊細で、心が弱くて。でもだからこそ別人格を演じることに命を懸けているから、気が付くと何かを頼ってしまうんだ、という瞬間がたぶんあるんだと思うんですよね」と発言。その後、「この話は(テレビ的に)使える話じゃないと思うけど…」と前置きしたあと、「絶対に日本的にはいい話でもなければ、良くないと思うけど。役者が結局それでオーバードーズみたいなことになって、死んでしまうみたいなことは…、もう、あるよな!と思うわけ。ほんっとに。例えば最近で言えば、ヒース・レジャー(注・急性薬物中毒で2008年に死去)だって、あの(映画)“ジョーカー”を生んだんだとなったら、なるよ。だって現実がどこかって、きっと分かんなくなっちゃうんだもん」と熱弁したのです。

それを聞いた沢尻容疑者が、

参考記事:沢尻エリカ逮捕で囁かれる安倍内閣の陰謀説 警視庁は疑惑タレントのストックを持っている? | TABLO

「まあ、それが恋愛だったりとか。いろんな…。人ってやっぱり、絶対何かに依存しているわけだから」

と呼応すると、小栗さんはすかさず、

「でも、それで一番重要なことは何かというとさ。じゃあ『人を殺した経験ありますか?』ってところに行き着いた結果、僕らは人を殺したことはないけど、人を殺す役をやらなければいけないというのが、最終的な、一番究極で悩まなければいけない部分だと思う。となると、他のそういうことだって、じゃあ『ドラッグの役だからドラッグやります』とか、そういうことじゃないよね、と」

と返答し、沢尻容疑者のほうにチラッと視線を向けたのです。

すると沢尻容疑者は、テーブルの上のドリンクを手に取り、水を飲むという行動に。そんな沢尻容疑者を目の当たりにしながら、小栗さんは、

「ということは『いろんな想像力で補いましょう』ていうのが、一番重要なところになっていくよね」

と結論を出し、沢尻容疑者はドリンクを机に戻し、無言のまま小栗さんの話に頷いていたのでした。

この一連のやり取りを視聴した人たちからは、

「改めて見ると小栗旬のこの発言、沢尻エリカに向けてのメッセージよね」「ちゃんと遠回しでも言ってくれるっていい男だなって思った」「『薬止めろよ。』って意味を込めて言ったんだろうね」「あえて公共の電波の前で伝えるときくプレッシャーの掛け方だよな。優しい人だ」

といった声が。また、小栗さんの話を聞いていた沢尻容疑者の反応に関しては、

「人は緊張したら喉が乾く」「ドラッグの話になったら飲み物飲んだね、これきっと動揺しているんだよ」

などといった声が寄せられていました。

1月17日放送の『シューイチ』(日本テレビ系)では、沢尻容疑者の親友である片瀬那奈さんが、沢尻容疑者の役作りについて「彼女はずっと、その役柄のままでプライベートでもいてしまう部分があって。私でも介入できない部分もある。没頭してしまうところはある」と語っていましたが、この小栗さんの発言とリンクする部分があるのは確か。小栗さんのアドバイス(?)を、沢尻容疑者はどんな気持ちで聞いていたのでしょうか……。(文◎小池ロンポワン)

あわせて読む:先輩・松田翔太と同じ中学で有名な不良だった? 沢尻エリカ「ヤンキー根性」でのし上がった20年 麻薬取締法違反逮捕 | TABLO

関連リンク

  • 11/19 10:49
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます