イタリアで「27-0」の勝利収めたユース監督解任。「相手を尊重すべきだった」

拡大画像を見る

 イタリアで、試合に「27-0」というスコアで勝利を収めた監督が「相手への敬意を欠いた」として解任される結果となった。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 イタリア中部トスカーナ州のクラブであるインヴィクタサウロのジュニアチームは、現地時間16日に行われたマリーナ・カルチョとの試合に27-0という記録的スコアで大勝を飾った。1人の選手は7得点、ほか2人の選手は6得点を記録したという。

 だがチームを率いていたマッシミリアーノ・リッチーニ監督は称賛を受けるどころか、監督の座を失う結果となってしまった。クラブのパオロ・ブロジェッリ会長は試合後に声明を通してその理由を説明している。

「試合のスコアには驚きと遺憾の意を抱いた。ユースサッカーの前提と価値観はこういったものとは正反対に位置する。対戦相手を常に尊重すべきだが、今日はそれが行われなかった」と声明は述べる。

「会長として、マリーナおよびスポーツ界全体に深く謝罪したい。クラブ運営陣は満場一致でリッチーニ監督の解任を決めた。監督は子供たちを指導し、そして何より教育する責務を負わねばならない」と会長は続けている。

関連リンク

  • 11/18 19:02
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます