元ZOZO前澤社長と破局、剛力彩芽になくて紗栄子にあったもの

拡大画像を見る

 ZOZO創業者の前澤友作氏(43)と女優の剛力彩芽(27)が破局していたことが明らかになった。

 2人の交際が発覚したのは昨年4月。その年の2月に雑誌の取材で出会い、前澤氏の熱烈なアプローチの末、交際に発展。交際中はプライベートジェットでサッカーW杯を観戦するためにロシアへ行ったり、2人でパリコレに堂々と現れるなど、セレブ生活を謳歌する姿がたびたび報じられた。

 11月14日発売の『女性セブン』(小学館)によると、2人は10月初旬に破局。剛力は前澤氏と暮らしていた都内のマンションを出て、実家に戻っており、最近は電車移動をしているという。

「剛力の所属事務所には“25歳まで恋愛禁止”という暗黙のルールがあります。そのルール解禁直後のタイミングで、剛力が初めてロマンスが報じられた相手が前澤社長だったんです。剛力は、前澤氏の趣味であるアート作品の収集にも付き添い、前澤氏とのラブラブな日々を自身のインスタグラムで公開。初めての大人の恋ということで、何もかもが新鮮だったのではないでしょうか。

 一方、前澤氏は結婚はしていないものの、2人の女性の間に3人の子どもがいるほか、過去には紗栄子(32)をはじめとする有名人との熱愛も報じられた、恋多き経営者。2人の気持ちに相違ができていったのも仕方がなかったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

■紗栄子は追いかける存在、剛力は追いかけられる存在?

 前澤氏は2019年9月にZOZOを手放し、10月4日に新会社『スタートトゥデイ』を設立。2023年には、民間人初の月旅行に行く「ディアムーンプロジェクト」を計画中で、来年には渡米して本格的なトレーニングに入ることになる。

『女性セブン』によると、前澤氏はそのトレーニングと月旅行にも剛力についてきてほしいと考えていたが、剛力が躊躇したという。

「彼女の中で、これ以上仕事をセーブすると、芸能界にポジションがなくなるという懸念があったといいます。前澤氏との熱愛が報じられるまで、剛力は12本のCMに加え、連続ドラマにも多数出演していました。ところが現在、レギュラー番組は『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)の1本のみで、CMはゼロになってしまいました。前澤さんを支えるために、剛力は仕事が減ってもいいと思っていたようですが、ここが剛力と紗栄子との大きな違いなのではないでしょうか」(芸能記者)

 紗栄子と交際していた当時、前澤氏は紗栄子との新事業のために会社を設立し、取締役にしている。さらに、前澤氏の資産管理会社の取締役にも入れたという。

「前澤さんと紗栄子は恋人でありながら、ビジネスパートナーとしても良好な関係を築いていたようです。その間も、紗栄子は仕事をセーブすることなく家庭と両立しながら、CM出演やモデルとしての活動を続けていました。紗栄子には子どももいますから、恋愛にのめり込み過ぎることなく、適度に前澤さんと距離感を保っていたのかもしれません。一方、剛力は初めてのロマンスということで、仕事もよりも恋愛を優先してしまった。

 前澤さんにとってみたら、紗栄子は追いかける存在、剛力は追いかけられる存在だったのかもしれません。紗栄子は自立した女性で、現在でも女性人気が高い。そういった点が、前澤さんを惹きつけて離さなかったのではないでしょうか」(前出の芸能記者)

 前澤氏と破局した剛力。前澤氏は月へ、剛力は今後、どこに向かうことになるのだろうか?

関連リンク

  • 11/17 7:09
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ばんび

    11/17 17:42

    大金手に入れたからいいんじゃね(^w^)次はさんまをタラシ込んで慰謝料がっつりってのもあるな(¬_¬)

記事の無断転載を禁じます