沢尻エリカ容疑者逮捕 「仕事メインの年」と女優業に意欲を見せていた

拡大画像を見る

 女優の沢尻エリカ容疑者が16日、合成麻薬所持の疑いで警視庁に逮捕された。NHKなど報道各社が伝えた。

 警視庁によると、沢尻容疑者は、東京・目黒区の自宅マンションで合成麻薬MDMAを含む粉末を約0.09グラム所持していた疑い。

 調べに対して、「私の物に間違いない」と容疑を認めているという。

 沢尻容疑者の所属事務所エイベックス・マネジメントは「現在事実関係を確認中です」とコメントし、「このあと弁護士と相談して、事務所のホームページでコメントを発表します」としている。

 沢尻容疑者は今後、東京湾岸警察署に移送される。先立って警視庁は18時から事件に関して説明。沢尻容疑者が違法な薬物を所持しているという情報を基に、16日8時すぎ、自宅マンションを捜索したところ、白色のカプセルが見つかったという。カプセルは袋に入れられ、部屋のアクセサリーボックスの中から見つかった。警視庁本部で鑑定した結果、合成麻薬だと確認されたという。

 捜索の際、質問には素直に応じていたという沢尻容疑者。警視庁は今後、合成麻薬の入手ルートの解明をするという。

 2020年放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に織田信長の妻・帰蝶役で出演が決まっていた沢尻容疑者。沢尻容疑者が出演している映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日より公開中)でクランクイン!編集部がインタビューを行った際、沢尻容疑者は33歳の現在について、「めちゃくちゃ充実している」と語り、「仕事もプライベートも手を抜きたくないタイプなのですが、今年は大河ドラマもあるので、仕事メインの年だと捉えています」と女優業に意欲を見せていた。

関連リンク

  • 11/16 19:57
  • クランクイン!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます