【真実】どこにでもいるオッサンが、プロの写真家に撮影してもらったら死ぬほどカッコ良くなった!

拡大画像を見る

近年はスマホの性能向上が目覚ましい。通信性能もさることながら、カメラ機能は想像を超えるスピードで進化している。ひと昔前ならデジタルカメラに遠く及ぶなかったのだが、今では誰でもカンタンにキレイな写真を撮影できる。とはいえ、所詮スマホである。「プロ並みの写真が撮れる」とどれだけ謳ったところで、やはりプロには勝てないはず

そこで実際に私(佐藤)のポールダンスの練習風景をプロに撮影してもらったところ、ダイナミックで迫力のある写真を撮影してもらうことができた! これがプロか!! プロの撮る写真なのか!

・プロに撮影して欲しい

今回撮影をお願いしたのは、プロの写真家アサイミナさんだ。彼女はバンドのライブやイベントの撮影を中心に、雑誌や広告などさまざまな分野の仕事を請け負っている。縁あって、彼女に撮影をお願いすることになった。実は私は、かねてからプロフィール写真をプロにお願いしたいと考えていた。

というのも、ポールダンスをやるようになって、もうすぐ3年が経とうとしている。だが、ポール用のプロフィール写真はまともなものが1枚もない。しかも普段からロクな写真を撮っていない。近頃は半裸で撮影することさえある。

1回くらいまともに撮影してもらいたい! そう思い、彼女にお願いしたのである。

・プロに撮影してもらった結果!

撮影は、私が日頃お世話になっているポールスタジオで行った。ちなみに都内のポールレッスンスタジオでは、個人練習向けにスタジオの貸し切りレンタルを行っている。朝8時から3時間予約し、段取り等も含めて都合1時間みっちり撮影して頂いた。

彼女はフラッシュにカラーフィルムを貼り付けた「カラーストロボ」で、私を撮影したいと希望していた。私は専門的なことはまったくわからないので、すべて彼女におまかせして、出来る技を順番に実践するだけ。途中休憩をはさみながら、約1時間撮影。

撮影データ(RAWデータ)は彼女の手によって現像・レタッチ等を施され、その日の夜には私の手元に届いた。さて、一体どんな写真が撮れたのだろうか? 出来上がった画像はこれだ!

プロってすげええええええええええええええ!

当たり前だけど、やっぱりプロの写真はすげええええ!!

「キモイ」とか「汚い」とか「生理的に受け付けない」とか、びっくりするほど辛辣な言葉を投げかけられる、そこらへんのオッサンの私が、まるでスターじゃないか! あえて自分で言おう!

俺、カッコイイ!!

私は1時間の撮影ですっかりヘトヘトに疲れてしまい、最後の方はまともに技を決めることができなくなっていた。それでもプロの腕にかかると、ダイナミックな写真に仕上がる。きっと素人なら、派手な動きでも地味な画になってしまうところを、プロは地味な動きでさえも、臨場感のあるものにしてしまう。我ながら惚れ惚れしてしまう(ウットリ)。

ただ突っ立っているだけでも、画に緊張感が生まれる!

どれだけスマホの技術が進化しても、プロカメラマンには到底勝てない。機械的な技術だけでは、プロフェッショナルの「腕」までは、作り出せないはずだ。

撮影:アサイミナ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

関連リンク

  • 11/15 20:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    11/17 8:05

    なんつーカッコのオッサンだよ…レイザーラモンHGかと思うた…(´-ω-`Ⅱ)ヨウモマァ……

記事の無断転載を禁じます