名倉潤が激怒!元天才子役に殺害予告するネットユーザーへ「人間が腐っている」

拡大画像を見る

元子役の春名風花が、11月14日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。殺害予告された過去を明かした。

“はるかぜちゃん”の愛称で知られる彼女。幼少期から松浦亜弥とCM共演するなど活躍してきたが、さらに彼女の知名度を上げたのが“早泣き”だった。はんにゃやフルーツポンチが出演していた『ピラメキーノ』(テレビ東京系)に、早泣きできる小学生を募集するコーナーがあり、出演したのがきっかけ。当時のVTRを見た名倉潤(ネプチューン)は改めて「これが自分の娘だったら怖いわ」と驚いた。

当時は無茶ぶりもあったようで「弟が魔法でダルマに変えられて泣く」や「戦に行く夫を止める妻を演じて泣く」などがあった。そんな中、早泣きに失敗したことも。それは朝の生放送番組で、ますだおかだ・岡田圭右のギャグを見てつまらなすぎて泣くというもの。制限時間が30秒で、集中出来なかったと回顧すると、名倉が「アイツが一番泣いているんやけどね」と話してスタジオを笑わせた。

当時のギャラは母親が管理していたと言い「5歳くらいの時、100万円の給料明細を見たことがある」とはるかぜちゃん。ギャラでピアノや衣装を購入していたと振り返った。そうした順風満帆な芸能生活を送る中で、9歳からTwitterを開始(現在は13歳からしか利用できない)。当初、フォロワーは数百人程度だったが、青少年健全育成条例について「きれいなものや、笑えるものだけみせて育てた子供が人に優しい大人になるとは、僕は思いません」などとツイートするとフォロワーが数万人に増加した。一方で、誹謗中傷も届くようになり、炎上が激しかった時期には「殺す殺す殺す……」「ドラム缶にセメント詰めて殺したい」といった書き込みが増えたという。こうしたツイートはすぐさま話題となり、警察が動く事態となった。

そうした殺害予告は、Twitterに投稿する前に別の国を経由してツイートされていたようで「そこまでしてやりたいんだ」とあっけにとられる名倉。続けて、インターネット上にはびこるどんな悪口でもひとつずつ訴えて「全員から金をとるべき。人間が腐っている」と怒りをぶつけていた。

関連リンク

  • 11/15 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ろくに文化も言葉も知らない子供風情が上野千鶴子を批判するんだから大したものだと…。こういうのをちやほやする世の中だもん、本当に日本なんてなくなればいいのに。

  • …ず…

    11/17 16:42

    なぜ自分のことを、僕、と呼びたいのかは知らないが、好感はもてない。

  • そんなこと言ってるから鬱になっちゃうんだよ、潤ちゃん…(笑)

記事の無断転載を禁じます