菊池桃子、“フェイクニュース”に警告 専門家による調査も検討

拡大画像を見る

 4日に一般男性との結婚を発表した女優の菊池桃子(51)が15日、自身のブログを更新。結婚を発表してから耳にする「フェイクニュース(偽りの情報)」に「困らされます」と苦言を呈した。

 「フェイクニュース」と題した投稿で「入籍後、周囲の仲間から、色々と私の耳にも入りますが…、フェイクニュース(偽りの情報)には、困らされます。信じる方々もいますから」と吐露した菊池。過激なタイトルや小説のような作り話が常態化しているとして「確実な証拠がないまま、人の心を、家族(子供たち)の心を傷つける行為は犯罪と捉えられます。また、仕事へ影響があれば営業妨害です」と訴えた。

 今後、「もっと加熱(原文まま)することを視野に専門家に、調査と、証拠の記録をお願いする検討に入りました。『あなたの仕事柄、仕方ないでしょ?』が、通じると思わないでください。人を守る法律は平等に整備されています」として、「心は意外にもろく、硝子のようだ……という医学者の言葉もあります。ご注意ください」と警告している。 (写真=菊池桃子 (C)ORICON NewS inc. )

関連リンク

  • 11/15 15:06
  • オリコン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 法姓院信玄

    11/18 9:22

    自分が正義とか勘違いしている馬鹿ねとうよが排除される日も近いな。

  • ナタリー

    11/17 19:24

    うん。全く同感。文章も簡潔に的確にまとまっていて、とても本人が書いたと思えないほど。 いやねぇ、、、。以前、女子学生の就職指導に、君は外見良くない(ブス)だから、というような発言が平気で行われていたという性差別テーマのとき、菊地さん、「ああそうか!(#^.^#)女性だから!(*^▽^)/★*☆♪」と嬉しそうな発言していたのが、印象的で。あれから少しは頭も育ったのかしらね。

記事の無断転載を禁じます