オードリー春日のどケチぶりに新婚妻がついにブチギレ!

拡大画像を見る

 そのケチケチぶりは結婚しても変わることはなかったようだ。オードリーの春日俊彰が、夫婦での箱根旅行をそのどケチぶりで台無しにしてしまい、視聴者がドン引きしているという。

 11月8日深夜放送の「オードリーのNFL倶楽部」(日本テレビ)では冒頭、「アメフト大好き芸人K 箱根旅行の帰り道大ゲンカ?」とのエピソードを紹介。市來玲奈アナの説明によると、春日は箱根からの帰り道、数百円の特急券をケチって鈍行に乗ることを選び、優雅に特急で帰りたかった奥様のクミさんと大ゲンカ。結局は春日が押し切り、二人は帰り道で一言も言葉を交わさなかったというのだ。

「市來アナの説明に春日は『(鈍行ではなく)快速急行だよ!』と反論。いずれにせよ追加料金なしで乗れる通勤電車型の車両には違いなく、夫婦旅行の帰り道にふさわしいと言えませんね。2人はおそらく箱根への玄関口である小田原駅からの帰り道で揉めたと思われますが、そこから新宿までの特急料金は910円、二人で1820円にすぎず、年収数千万と言われる春日が夫婦ゲンカしてまでその金額をケチる様は、常人の理解を超えています」(芸能ライター)

 しかも春日のどケチぶりは、夫婦で交わした約束を破るものだったという。

「春日は4月18日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング3時間SP』(TBS系)にて、11年間交際してきた恋人のクミさんに公開プロポーズ。その際には用意してきた手紙を読み上げました。その手紙では今後も焼き肉は食べ放題店を選んだり、誕生プレゼントには中古品を選ぶかもしれないと自らのどケチぶりを押し付けつつ、『温泉に行くとき、たまには特急に乗りましょうか』と宣言していたのです。ところが実際には、たかだか1820円の特急券をケチって妻を激怒させてしまった。テレビで果たした約束さえ守れないとあっては、今後が思いやられますね」(同前)

 ただ春日としては“温泉に行くとき”という約束はしたものの、「温泉から帰るときも特急に乗るとは言っていない」ということだったのかもしれない。

(北野大知)

関連リンク

  • 11/15 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます