和田アキ子 眼下懸垂再手術受けた…思わぬ“副作用”が…

拡大画像を見る

 歌手の和田アキ子が14日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を再び受けたことを明かした。

 和田は、まぶたが落ちてきて視野が狭くなったことから眼科を受診。加齢のために眼瞼下垂になっていると診断されたという。昨年の11月に手術を受けた。

 松本人志は「『アッコにおまかせ!』を見たら、知らんかったからストリートファイトしたんかと思った」と笑わせた。和田は、最初の手術では十分ではなかったことから「もう一回、やり直した。まだ2週間しかたってない」とごく最近になって再手術を受けたことを明かした。

 痛み止めなどの薬を1日3回服用する必要があるそうで、普段は一日の食事の回数が2回という和田は薬のために3回にし、そのために「この2週間で太った」と思わぬ「副作用」があったことを述べた。

関連リンク

  • 11/14 22:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    11/18 12:50

    お金もあるだろうから確かな医師にやって貰ってるんだろうけどもう少し自然な感じにできなってのかね

記事の無断転載を禁じます