芸名かと思ったら本名で驚いた意外な芸能人ランキング

拡大画像を見る

芸能界には珍しい個性的な名前を持つ芸能人が多数存在します。てっきり芸名かと思いきや、実は本名だという人も少なくありません。そこで今回は、芸名かと思ったら本名で驚いた意外な芸能人について探ってみました。

1位 米津玄師
2位 石崎ひゅーい
3位 一青窈
4位 土屋太鳳
5位 下條アトム

1位は「米津玄師」!

シンガーソングライターをはじめ、多才なアーティストとして知られている米津玄師。昨年のNHK紅白歌合戦では『Lemon』を披露して大きな注目を集め、NHKの2020応援ソングプロジェクトのテーマソング『パプリカ』は子どもから大人まで幅広く愛されています。そんな米津玄師は名前も個性的。‟米津”という名字も珍しく、‟玄師”にいたっては珍しすぎて読み方を「げんし」と間違えている人も多数。正しくは「けんし」。そんな難読漢字を名前に持つだけに、てっきり芸名だと思っている人が多いようですが、実は本名。「本名がかっこよすぎる」と感じた人も多く、1位となりました。

2位は「石崎ひゅーい」!

シンガーソングライター、俳優として活躍している石崎ひゅーい。菅田将暉と仲が良いことでも知られており、菅田将暉のヒット曲『さよならエレジー』は石崎ひゅーいが楽曲提供したもの。そんな石崎ひゅーいといえば‟ひゅーい”という名前が印象的。実はこの個性的な名前は本名。あまりに個性的な名前だったため、本名と聞いて驚いた人が多数。2位となりました。

3位は「一青窈」!

代表曲『ハナミズキ』が長年多くの人から支持されている歌手の一青窈。独特なメロディーラインと歌詞が魅力的で、彼女ならではの世界観が広がります。そんな一青窈も実は本名。彼女は台湾人の父親と日本人の母親を持つハーフで、幼少期は台湾で過ごしていたのだそう。あまりにも美しく個性的な名前だけに、本名と聞いて驚いた人が多数。3位となりました。

このように、シンガーソングライター、歌手が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの芸能人が本名だと知って驚きましたか?

写真:タレントデータバンク
(下條 アトム|1946/11/26生まれ|男性|O型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年10月29日~2019年10月29日

関連リンク

  • 11/14 7:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます