高橋真麻、過去の失敗整形を明かす「顔が違う!」

拡大画像を見る

 11月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、高橋真麻(38)が出演。自身が過去に行った美容整形について語った。

 番組では、“広がる美容整形、その実像”と題して、この日から3日間にわたって美容整形が特集された。まずは美容整形が本当に安全なのか、現役の美容外科医、「ドクタースパ・クリニック」の鈴木芳郎院長に、ハリセンボンの近藤春菜(36)が取材を行った様子をVTRで紹介。

 VTRでは、街頭インタビューでの美容整形に対する疑問や、消費者庁に寄せられたトラブルの事例などをもとに、しわ取りのボツリヌス治療やヒアルロン酸注射、リフトアップ、シミ取りなどの効果やリスクを紹介。美容整形はどんな名医にかかってもリスクがあり、完全な術後結果は保証できないと伝えられた。

 VTRの終了後、春菜が高橋にコメントを求めると、高橋は女性にはきれいになりたいという願望があるとし、自分も10年ほど前に眉間にボトックス注射を、鼻の上の部分にヒアルロン酸注射をしたことがあると明かした。しかし高橋は鼻が少し高くなったため目が寄ったような印象を受け、「顔が違う!」と知り合いに相談したのだという。

 その人からは「ぜんぜん変わらないよ」と言われたのだが、高橋の祖母はその違いに目ざとく気づいていた。高橋がモノマネ番組でモノマネをしていたところ、それを見た祖母は「かわいそう。変な鼻つけさせられて」と言ったのだ。これについて高橋は、1ミリ2ミリの違いでも身内は気づくものなのだと語っていた。

 高橋はそのときの整形は、3か月ほどで吸収されて元に戻るものだったと説明。さらに「これが一生治らないものだとしたら、やらなきゃよかったって後悔しただろうなと」と、当時の心境を振り返ると、「もちろん整形して満足している方とか、人生変わったっていう方もいらっしゃるから、いい悪いの判断は個人だと思うんですけど」と、考え方は人それぞれだと強調した。

 春菜はそんな高橋のコメントについて、「先生もおっしゃってたんですけど、先生とちゃんと話し合って、コミュニケーションを取って、自分の疑問がすべて晴らされないとやらないほうがいいと」と、整形手術には慎重に取り組む必要があると強調していた。

関連リンク

  • 11/14 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます