ポルシェが宙を飛び建物2階に突っ込む 運転手と同乗者が死亡(米)

拡大画像を見る

ニュージャージー州オーシャン郡トムズ・リバーで、ポルシェが中央分離帯を越え、反対車線側の盛り土に衝突。そのまま勢いに乗って宙を飛び、建物の2階に突っ込んだ。この事故で車を運転していた22歳のブレーデン・デマルティンさん(Braden DeMartin)と助手席に乗っていた23歳のダニエル・フォーリーさん(Daniel Foley)が死亡した。

現場は4車線で、スリップ痕が右車線から建物に向けて一直線に伸びており、車はかなりのスピードで約4.5メートル(15フィート)の高さまで飛んだ後、2階に突っ込んだと見られている。

地元メディア『NJ.com』によると、事故車は2010製ポルシェ・ボクスター・コンバーチブルで、価格は525万円(48000ドル)は下らず、最高速度は時速262キロにまで達するという。

亡くなった2人はトムズ・リバー出身の幼馴染で、最後に目撃されたのはビリヤード場で10日の午前1時頃だった。通報を受けて消防隊や警察が現場に到着したのは同日午前6時34分だったが、事故がいつ発生したのかは分かっていない。事故当時、オフィスには誰もおらず、ケガ人はいなかった。

車が勢い余って宙を飛び、建物の2階に突っ込むという前代未聞のニュースには「どれだけスピードを出したらこれだけの事故になるんだろう」「自業自得」「まだ20代前半。これからなのに」「スポーツカーは乗るもんじゃない」「夜遊びして酔っぱらっていたのでは?」「2人をよく知っている。いい奴だったのに」といったコメントが寄せられている。

なお地元警察は「想像もできないような悲惨な事故。ポルシェがなぜコントロールを失ったのか、どれくらいのスピードが出ていたのか、当日の2人の行動も含め調査を進めていく」と述べている。

画像は『NJ.com 2019年11月11日付「Porsche crashes into second story of building, killing 2, police say」(Ed Murray | NJ Advance Media for NJ.com)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/14 5:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます