何と読む?「悴む」「氷雨」冬の漢字「米光一成の表現道場」


じょじょに寒くなってきたので、寒さに関する難読漢字!

何と読む?「悴む」

ヒント。
高浜虚子の句「悴める手は憎しみに震えをり」
さて、
「悴む」












「かじかむ」
手足が凍えて思うように動かなくなる状態を指す。
「手が悴んで字が書けないよー」なんてふうに使います。

何と読む?「氷雨」

冬に降る冷たい雨のこと。
さて、
「氷雨」












「ひさめ」
「氷雨」は、冬に降る冷たい雨のこと。
空から降る氷の粒、雹(ひょう)や霰(あられ)のことを指すこともあります。
俳句では夏の季語なんですよ。


【過去問】

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/13 8:00
  • エキレビ!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます