「世界一まずいお菓子」これは絶品!

拡大画像を見る

フィンランド大使館が主催するプレスツアーでヘルシンキに行ったときのこと。

用意されたプログラムをすべて終え、空港へ向かうバスが出発するまであと数時間。TABI LABOメンバーへのお土産を調達しに向かったのは、市内のど真ん中にある北欧を代表する巨大百貨店「ストックマン」だ。

海外出張の定番土産といえば、チョコレート。でも、フランスやベルギーならわかるが、フィンランドでチョコは味気ない気もする。せっかくなら北欧らしいお土産は何かないものか——。

そんなことを考えていると、あるお店のスタッフに声をかけられた。

「試食してみない?リコリスだよ!」

リ、リコリスだと……?

「世界一まずい」「日本人の口に合わない」「悶絶必至」

北欧では定番のお菓子だが、日本での言われようったらひどい。実際に口にしたことはなくとも、その悪名高さはしっかりと耳に届いている。

でも、尻込みしつつも手に取ってしまった。フレーバーが「塩キャラメル」だったからだ。

思い切って口にすると、これがもう普通に美味しくて拍子抜け。

ぐにゃっとしたグミみたいな食感は、きっとリコリスのそれ。だけど、周りが塩キャラメル味のチョコレートでコーティングされていてしっかり甘い。噛み進めていくと時折苦味が顔をのぞかせる(嫌らしさはまったくない!)けれど、そのバランスが新感覚でクセになる。

気前のいいスタッフが「コーヒー」や「パッションフルーツ」など他のフレーバーも試食させてくれたが、総じてイケる。丸々とした容器も洒落てるし、これに決めた!

実際にメンバーに食べてもらったところ、「こんなにおいしいリコリスは初めて!」とポジティブな声が多数。普通のリコリスをお土産にするのはかなりリスキーだが、これなら安心して食べてもらえる。

メーカー名は「Lakrids by Bülow」。“デンマークのリコリス王”と呼ばれるヨハン・ビュロー氏が手がけているらしい。

北欧を訪れる機会があったら、ぜひお土産選びの参考に!

Top image: © LAKRIDS BY BÜLOW

関連リンク

  • 11/13 15:00
  • TABI LABO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • リコリス?リコリスを使ってるサルミアッキのフレーバー無しのやつはくっそ不味いからな

  • 光原人

    11/14 16:50

    結局パクチーにも慣れたし、リコリスもそうだってことじゃん。

  • トリトン

    11/14 7:24

    今もあるかもだけど那智黒これはクソまずかったな今でもあるのかな?おかげで黒飴は拒絶反応だな。

記事の無断転載を禁じます