島の民家にたどり着いた観光客 悲鳴を上げた『原因』に「素晴らしい」の声

拡大画像を見る

沖縄県のうるま市を訪れたshiromadara(@oogomadara)さんが、Twitterに3枚の写真を投稿。人々を驚かせています。

『生命が感じられる姿』に鳥肌

その日、うるま市にある多数の島の1つ『宮城島』を歩いていた投稿者さん。静かな細道を辿った先にある民家に立ち寄り、庭を眺めました。

「何もないとこだね〜」といいながら振り返ると、視界に何か大きな影が…。

庭にいたのは、大きな龍!

不意打ちで驚いた投稿者さんは、悲鳴を上げてしまったといいます。

生きて見えるほど精巧なこちらの龍は、クバ(ビロウ)の葉で作られた作品『龍宮城(リュウ・ミヤギ)』。2019年11月1~10日に開催されていた『うるまシマダカラ芸術祭』で展示されていました。

作者は、島で暮らしているAyakoさんです。展示の際、作品にはこのような紹介文が付けられていました。

今もなお原風景が残る島

たくさんの自然
宝を守ってくれて、ありがとう。

龍がいる島

静かにしていると聞こえてくる
風の声
鳥の声
心の声
色んな声に耳をかたむける
今ここにあるこの瞬間

目に見えるもの
目に見えないもの
どんなものが見えるかな

作品を見た人たちからは、「素晴らしい作品です」「まさに芸術。いろいろな想像が頭を駆け巡りました」「この迫力は別格」などの称賛の声が寄せられています。

作品を通して、島に満ちた自然の生命力が感じられますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @oogomadara

関連リンク

  • 11/12 16:06
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ちろりーぬ

    11/15 13:16

    ずっと見ていたくなるような素晴らしい作品

  • 光原人

    11/14 16:47

    才能に嫉妬

記事の無断転載を禁じます