宿題を教えていた母親、できない息子に苛立ち募り心臓発作で病院へ(中国)

拡大画像を見る

中国湖北省のある家で今月1日、母親が小学3年生の息子の宿題を手伝っていた。母親の名はワンさん(Wang)とだけ伝えられており、彼女は毎晩のように息子の宿題を手伝っていたようだが、この日は息子に何度教えても算数の問題を解くことができなかったという。

息子に苛立ち始めたワンさんは、そのうち怒りが抑えられなくなったようだ。するとその直後に呼吸が苦しくなり、いてもたってもいられなくなったワンさんは夫に連絡を入れて新華病院へと連れて行ってもらった。のちにワンさんは、当時のことについてこう話している。

「何度も教えたのに息子の回答は間違いだらけで、だんだん腹が立ってきてカッとなってしまったのです。その途端に動悸が激しくなり、呼吸が苦しくなったため、すぐ夫に電話して病院へ連れて行って欲しいと頼みました。」

ワンさんは診察後、同病院のヤン・シィアォシュエ医師(Yang Xiaoxue)から「心臓発作を起こしており、治療が遅ければ心不全で亡くなっていたかもしれない」と告げられた。シィアォシュエ医師によると昨今、心臓病を患う人が増加しているそうで、その多くは子供を持つワンさんのような若い親が多く、原因は不健康なダイエットやストレスによるものが多いとのことだ。

中国の学歴重視社会の傾向はますます強まっているが、このことが子供を持つ親にとって大きなストレスになっているようだ。また香港に拠点を置く心理学者のフローレンス・ホワン氏(Florence Huang)は「親が自分の感情をコントロールする方法を学ぶ必要がある」と訴えており、次のように警鐘を鳴らした。

「家庭内で親が常に怒りと攻撃的な態度を向けることによって、子供は自分を責めて恥じるようになり、屈辱感と無力感を抱くようになってしまうのです。」

ストレスは子供を持つ親にとっても健康に悪いばかりでなく、子供にも悪影響を及ぼすとホワン氏は述べている。

画像は『AsiaOne 2019年11月7日付「China woman almost dies from heart attack after son couldn’t do a math problem」(Photo:Weibo)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 11/11 21:30
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 玉葱

    11/12 4:38

    常にストレスとか緊張に晒されていると、アドレナリンが出過ぎてこうなる…。あんまり怒るなよってこう言う事なんだけどね…王朗さん。子供の目線に自分を落とし込むって、そんなに難しいのかなぁ…。いや、まぁ…仕事でもだけど、自分は出来て当たり前でも解んない人は解んないからねぇ…。理解するのに、どこで躓いてるのか見付けてあげるのが手っ取り早いんだけど…。

  • トリトン

    11/12 4:28

    確かに教えるのは難しいかも、簡単なのは喜ぶけど一つレベル上げると逆ギレ頼まれてるのにと思ってしまうな馬鹿に教えるのは難しいかも馬鹿のくせにいばるなと思うな頭の構造が違うのかも。バカのやつは教えてもらう態度を覚えろよと思うな。このガキもムチで教えたら覚えるかも未開人には言葉ではなく痛みで教えれば良い。

  • 学校ではどうしてんだろ??小学生3年生の算数がわからないとかヤバイかも。お母さんも怒りたくなる(笑)でも教えるって難しい。。。

記事の無断転載を禁じます