池袋母子死亡事故 飯塚幸三元院長「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき」と発言

まるで反省なし

2019年4月に東京・池袋で発生した、車が暴走し12人を死傷させた事故。警視庁が、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を書類送検する方針を固めたことが、今月8日に報道されました。

この事故で自転車に乗っていた母子を死亡させている飯塚幸三元院長ですが、事故の取材に対し、なんと車の性能の改善を主張しています。

関連記事:「上級国民」 71歳男性が90歳女性を轢き殺した裁判を思い出した池袋の母子死亡交通事故 | TABLO

事故前から足を悪くして通院中だったという飯塚幸三元院長は『おごりがあったのかなと思い、反省しております。自分の体力にその当時は自信があったんですけど』と発言。

事故の原因について、警視庁はアクセルとブレーキの踏み間違いだったとしていますが、飯塚幸三元院長は『安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような、外出できるような世の中になってほしいと願っています』などと主張していました。

そして『いつも申しあげているように、本当に被害者の方に申し訳なく思っております』と謝罪の言葉を口にしています。

こうした飯塚幸三元院長の言葉にTwitterなどでは「車の安全性も何も、暴走事故の原因はお前の不注意と拙劣な運転技術が原因じゃないか!」といった声が上がっています。

参考記事:何だこの会見は 大津市保育園児交通事故で保育園長を責め立てたメディアはどこだ | TABLO

さすが上級国民!

「社会や自動車メーカーに責任転嫁して被害者ぶるな」

「信じられない。反省ゼロ。これを聞いたご遺族はどんな心境なのか…」

「はあああああああ? なに? 他人事みたいなコメント」

「あなたの操作ミス。人の命奪っておいてこんな発言できるってちょっと異常だわ」

「まるで他人事だな。車の性能改善は必要だが、それをおまえが言うな。被害者への謝罪も付け足したみたいで誠意がまるで感じられない」

「車のせいじゃなくてお前のせいだし、お前みたいのがいるせいで歩行者が安心して外出できないような世の中になっているんだろ」

といった怒りの声が殺到しています。

これに対し、小説家の百田尚樹氏は自身のTwitterで、

『要するにこのクソジジイは、「アクセルとブレーキを踏み間違えても人を轢き殺さないような車を作れ!」と言ってるわけか。「でないと、ワシは安心して車を運転できないじゃないか!」と。人として終わってる』

といった強い言葉で糾弾していました。

こうした飯塚幸三元院長の言葉に被害者遺族は何を思うのか。その気持ちを思うと心が痛みます。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:パニック障害のクスリを飲んだ男はうつむきながら車を運転し対向車と… 男が裁判で語った事故時の症状とは | TABLO

関連リンク

  • 11/11 17:24
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • 記事の載せ方云々以前の話。逮捕もされず、結局書類送検だけか。 母子二人も殺しながら、猛省どころか、反省の欠片もない挙げ句、メーカーに責任転嫁か。まるで某国並み発言だな。血筋が日本人ではないのかとすら思う。 鬼畜以下の腐れ糞クズ殺害犯め(怒)

  •  上級国民の飯塚幸三様…。  貴方のおっしゃる“安全な車”はとっくの昔に開発されており、貴方が乗っておられたプリウスは、トヨタ自動車が技術の粋を集めて開発し、満を持して世に送り出した最も安全な車であり、貴方がそれを乗りこせなかっただけです…。  少しは、自らの手で人を殺めたという認識を持って頂きたい…。

  • おやぢ

    11/14 19:17

    金持ってるんでしょうから、自動車会社に財産の大半を投資して、直接自動車会社に提案すれば良いんじゃないですかね。口だけじゃなくて。

記事の無断転載を禁じます