日本人野手のメジャー挑戦は鬼門…筒香、秋山、菊池の可能性を日本人大リーガーの成績から読む

拡大画像を見る

 来季のメジャー移籍を表明している埼玉西武ライオンズの秋山翔吾と横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智、広島東洋カープの菊池涼介。もし実現すれば、久しぶりの野手としてのメジャー移籍となる。彼らの日本での実績は語るまでもない程であり、タイプの違う3人の選手がアメリカでどれだけの活躍が出来るか大きな楽しみであることは間違いない。

 無論、待っているのは明るい未来ばかりではない。過去、多くの日本を代表する選手がメジャーを目指すも、さまざまな違いに苦しみ、結果を残すことができない場合も少なくなかった。アメリカでの日本人野手の「挑戦」を振り返ってみた。

◆中村紀洋(2005 ロサンゼルス・ドジャース)

■メジャー成績 17試合出場 打率.128 本塁打0

 かつて「ジャパニーズ・マグワイア」とも称された中村紀洋。近鉄バファローズ時代、入団当初からの持ち味である長打力を発揮し、2000年シーズンには本塁打王、打点王を獲得、翌年にはキャリアハイとなる46本塁打を放ち近鉄の優勝に大きく貢献した。タフィ・ローズと3・4番に並ぶクリーンナップは猛威を振るい、「猛牛打線」の象徴的打者として君臨した。

 2002年にFAを宣言、メジャー移籍を決意し、大リーグ・ニューヨーク・メッツと交渉するも契約合意にまでは至らなかった。2005年2月にドジャースとマイナー契約を結び、シーズン開幕後すぐの4月にはメジャー昇格を果たす。しかし5月に再び3Aへと降格、その後のメジャー再昇格はならず、その年限りでドジャースを退団、アメリカの地を後にする。日本野球界屈指のパワーヒッターの挑戦にファンは大きな夢を膨らませたものの、メジャーでの本塁打はゼロと、その長打力を発揮できず不完全燃焼に終わった。

◆西岡剛(2011~2012年 ミネソタツイン・ツインズ)

■メジャー成績 71試合 打率.215 本塁打0

 千葉ロッテマリーンズで長らくスピードスターとして活躍した西岡剛は26歳という若さでメジャーへと渡った。渡米直前の年となる2010年には首位打者も獲得した他、2塁手として計3度、ゴールデングラブ賞にも輝くなど、類稀な打撃センスと内野手としてのスキルも備えたプレーヤーのMLB移籍に大きな期待が膨らんだ。

 しかし、ミネソタ・ツインズでメジャーデビューを果たすも、あまりにも痛烈な洗礼を受ける。2塁手として出場した開幕直後の試合、併殺プレー時に相手選手と交錯、左足を骨折し開幕早々に故障者リスト入りとなってしまう。併殺崩れを狙う、激しく大胆なスライディングはそのワンプレーだけで本人のみならず、日本のファンにもメジャーとのプレーの質の違いをまざまざと見せつける格好となった。いきなりの大けがで出鼻をくじかれた西岡はそのシーズン中に復帰するも68試合出場、打率も.226に終わり、2年目はシーズンの殆どを3Aで過ごした。

 走攻守、全ての面に優れ、若くしてメジャーへ渡ったこともありアメリカでの更なる飛躍が期待されていた分、メジャー挑戦序盤でいきなり訪れたアクシデントは、あまりにも悔やまれるものとなってしまった。

◆川崎宗則(2013年~2016年 シアトル・マリナーズ、トロント・ブルージェイズなど)

■メジャー成績 276試合 打率.237 本塁打1

 2012年のシーズンオフ、海外FA権によりシアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだのが「ムネリン」こと川崎宗則。ワールドベースボールクラシック日本代表に2大会連続で選出される等、俊足好打で鳴らした遊撃の名手はアメリカでも独特の存在感を放った。何より、メジャーへと渡った理由の一つとして伝えられたのが「イチローと一緒にプレーするため」だった。

 同じマリナーズを移籍先に決め、1年目の春先のオープン戦で驚異的な活躍をみせた結果、メジャー昇格を勝ち取り、憧れと公言するイチローとのプレーを実現させる。アメリカを舞台に攻守で躍動感あふれるプレーを披露し、メジャーでは目立った成績は残せていないものの、2017年に日本球界復帰するまでの5年間、マイナーリーグでの生活も含めて野球を「楽しむ」という姿勢を崩さず、ファン、そしてチームメイトからも愛される存在となった。

◆新庄剛志(2001年~2003年 ニューヨーク・メッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツ)

■メジャー成績 303試合 打率.245 本塁打20

 イチローがアメリカへ渡った2001年、同じく日本人野手としてアメリカンドリームを追ったもう一人のプレーヤーが新庄剛志だった。それまでメジャーで活躍していた日本人が投手のみだった時代、日本球界の「もう一人のスター」の挑戦はどこか異色にも感じられた。

 メッツ所属となった渡米1年目、開幕メジャー入りを果たすと開幕戦で初安打を記録すると、その後もレギュラーでの出場を続けメジャー定着を成し遂げる。シーズン終盤には日本人初の4番を打つなど移籍当初の不安を吹き飛ばし、鮮烈なまでの輝きを放ちメジャー1年目を駆け抜けた。

 トレードでも経験し、二年目はサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍、ここでも日本人として初めてワールドシリーズにも出場した。だが、翌年には再びメッツへ復帰するも打率.193と振るわず、マイナーでの生活が続いた。シーズン途中、メッツより解雇通告を受け、3シーズンでアメリカでの戦いを終える。いくつもの華々しい活躍をみせたことは確かだが、メジャー、マイナーも行き来したことで、野手としてのメジャー挑戦の現実を示した初めてのプレーヤーだったと言える。

◆城島健司(2006年~2009年 シアトル・マリナーズ)

■メジャー成績 462試合 打率.268 本塁打48

 日本人として初めて、そして現在まで唯一キャッチャーとしてメジャーのユニフォームに袖を通したのは城島健司だ。2006年FAにより福岡ソフトバンクホークスからシアトル・マリナーズへ移籍、入団1年目より144試合に出場し打率.291、本塁打も初年度での日本人最多となる18本を打ち、翌年には守備率と盗塁阻止率で両リーグトップを記録するなど、攻守にわたり存在感を示した。

 ただ、入団4年目にはシーズン中での2度の故障者リスト入りなどもあり出場機会が激減し、その年限りでマリナーズを退団、日本球界へ復帰を果たした。渡米当初より、日本人にとって未知の領域だった捕手での移籍とあって、それまでの日本人選手以上の注目を集めた。アメリカでの活動期間は4年にとどまったものの、バッテリー間のコミュニケーションやクロスプレーでの大柄なランナーとのせめぎ合いといった、日本のファンに「新たな景色」を伝える存在としても貴重な役割を果たした。

――MLBに渡った日本人プレーヤーで、先発、中継ぎ、抑えとそれぞれの分野での活躍がみられてきた投手と比べ、野手ではイチローや松井秀喜の様に長年にわたって高いパフォーマンスを披露する例は極めて稀と言って良いだろう。いくつもの理由があるにせよ、投手以上に多くの試合をこなし、常時出場が求められる野手にとってやはり基本となるコンディション管理が重要となるのは間違いない。

 試合数や連戦が日本より多いメジャーリーグにおいて、常にグラウンドに立ち続け自身の個性を発揮する、決して簡単ではないが秋山、筒香、菊池のより高いステージでの活躍に大きな期待を込めたい。彼らの背中に日本人野手が「挑戦」だけにとどまらず、「成功」を掴む姿を思い描きながら。<文/スポーツライター・佐藤文孝>


関連リンク

  • 11/10 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます