新生チェルシーのランパード監督が月間最優秀監督賞「誇らしく思う」

拡大画像を見る

 チェルシーのフランク・ランパード監督が、10月のプレミアリーグ月間最優秀監督賞を受賞した。

 ランパード監督は昨シーズン、ダービー・カウンティで監督キャリアをスタート。今シーズンから古巣チェルシーで指揮を執ると、移籍禁止処分に加え絶対的なエースだったベルギー代表FWエデン・アザールをレアル・マドリードに引き抜かれるという苦しい状況の中、ユース選手を活用し第11節終了時点で4位につけている。

 8月、9月の最優秀監督賞は首位を快走するリヴァプールのユルゲン・クロップ監督が獲得していたが、10月はサウサンプトン(4-1)、ニューカッスル(1-0)、バーンリー(4-2)と3勝利を記録したランパード監督が選ばれている。

 ランパード監督は受賞に際し「今月のプレミアリーグ月間最優秀監督賞を受賞し誇らしく思う。スタッフと選手に感謝している」とコメントしている。

関連リンク

  • 11/9 1:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます