菜々緒演じる沙羅への“告知”に「残酷」「冷静でいられない」の声…「4分間のマリーゴールド」第5話

拡大画像を見る

福士蒼汰主演、菜々緒、桐谷健太、横浜流星らが出演する「4分間のマリーゴールド」の第5話が11月8日放送。今回、沙羅はみことの口から自らの死の運命を知らされるのだが、その“告知”を巡り多くの視聴者から様々な意見が寄せられている。

福士さんが手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことに扮し主演する本作。菜々緒さんがみことの義理の姉・沙羅を、桐谷さんがみことの義理の兄・廉を、横浜さんが弟・藍をそれぞれ演じる。


みことの父の再婚で彼らは兄妹となるのだが、みことは沙羅と手を合わせたことで、沙羅が28歳の誕生日に亡くなる運命にあることを知ってしまう。同時にみことは沙羅を想うようにもなっていて、大切な人の最期を知りながらその運命を変えられそうにないことに悩んでいた。そんななか沙羅から告白され2人は付き合うようになるが、廉は2人の関係を猛反対する…というのがこれまでの物語。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
廉に沙羅の運命を話すみことだが、信じてもらえない。しかし廉の同僚・原田(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が倒れ、みことの言う通りの最期を迎えたことで廉はみことの能力を信じるようになる。


沙羅の幸せのためにみこととの関係を認めた廉は、共に運命を変えようと決意する。みことは廉と藍を部屋に呼び、改めて自分の能力と沙羅の未来について話すのだが、実はみことの部屋の押し入れには沙羅もいて、自分の死の運命を知ってしまう――というのが今回のストーリー。


みことは沙羅が押し入れの中にいること知った上で彼女が1年後に亡くなることを告げるのだが、この“告知”に視聴者からは「残酷な伝え方」などの声が続出。「病気の余命ともまた違うし、原因分かんないけど、死ぬよってめちゃくちゃ怖いよ」など、沙羅の気持ちを考えると“伝えるべきではなかったのでは”という声も寄せられている。


一方、みことの心情に寄り添った「視えてる本人だってただ辛いだけじゃないか」「すきなひとが死ぬの分かってたら冷静でいられない」などの声も多く、それぞれのキャラクターに感情移入して思い悩む視聴者からのコメントがタイムラインに溢れている。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/9 0:05
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 鬼畜。考えられない。みことは、沙羅の気持ちを全然考えてない。原田が奥さんにガンを伝えなかった後悔を聞いた上だとしても考えられない。蓮、藍の気持ちも考えてない。だって1年、一緒に暮らすんだよ。だけど、佐藤隆太が送った写真でいつも通りに戻る。完全な切り替えドラマだよ。興醒め。最後は、死なない。そうじゃないと納得しない。医療ドラマは、ここ近年絶対死なない。命の儚さを綺麗に伝えるのも手立てなのでわ?

記事の無断転載を禁じます