【事件】セブン、紅ショウガの入れすぎで「冷凍たこ焼き」を自主回収へ! 回収される前に食べてみた感想 → これ以上減らす気か?

拡大画像を見る

セブン&アイ・ホールディングスは本日2019年11月8日、冷凍食品の「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」約235万食分を自主回収すると発表した。朝日新聞によると、製造工場で紅ショウガを入れすぎた可能性があるという。

紅ショウガの入れすぎで自主回収って……どんだけ入れたんだよ。気になった私(あひるねこ)は、たこ焼きが回収される前に近所のセブンイレブンへ猛ダッシュ。実際に食べてみることにした。その結果、驚きの事実が明らかになる。

・たこ焼きが自主回収へ

自主回収が報じられるや否やセブンイレブンに滑り込むと、ラッキーなことにまだ たこ焼きは回収されておらず、合計4パックを購入することができた。

セブンは今回の回収について、「一部原材料の混合時の偏りが原因と見られる、正常品と風味が異なる商品があることが判明」したと説明しており、朝日新聞によると10月24日以降、「風味が違う」などの連絡が数件寄せられているという。

回収対象となるのは、賞味期限が「2019年11月8日から2020年10月31日まで」の商品だ。今回買ってきた冷凍たこ焼きはこの条件に当てはまるため、紅ショウガによる酸味が強い可能性が高い。心してかからねば。

・見た目はフツー

レンジで温めること数分。完成した冷凍たこ焼きは、ほのかに紅ショウガの香りはすれども至って普通の仕上がり。回収が決まった商品とはとても思えないが……どれ、割って中身を見たろ。

ホカホカと湯気を立てるたこ焼きの中には、たこ・キャベツ・ネギの姿が確認できる。あと……刻まれた紅ショウガ? もなんとな~く見えるぞ。

・食べてみた

まずはソース等なしでそのままパクリ。うーーーーーん、なるほど……。

よく分からん。

・分からん

よく分からないので、編集部のメンバーたちにも食べてもらうことに。今度はソースと かつお節も一緒だ。ハフハフと慎重に たこ焼きにかじりつく一同。しかしその感想は……。

紅ショウガ、いる?

・いない説

入れすぎどころか、逆に紅ショウガの存在をほとんど感じられないのだ。不在! まさかの紅ショウガ不在である!!

「むしろゼロでしょ」

「これ以上減らす気か?」

本来ここにいるはずだった紅ショウガが、別のパックに全部行っているのではないか? そう結論付けたくなるほど紅ショウガの存在は希薄であった。だがそれは、何の問題もない普通のたこ焼きということでもある。

セブンの発表通り、もしかしたら紅ショウガがザックザク入った商品があるのかもしれない。たこ焼きというか、もはや紅ショウガだろ的な商品があるのかもしれない。できればソイツを引き当てたかったが、残念ながら我々が食べたのはハズレ(?)だったようだ。

・もったいない

回収されるってことは、つまり破棄されるんだろう。何とももったいない話である。「紅ショウガの主張がエッグイたこ焼き混ざってるから探してや! お安くしとくで~!!」くらいの軽いノリで済んだら面白いんだけど……日本じゃ絶対無理だろうなぁ。

参照元:セブン&アイ・ホールディングス、朝日新聞
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 11/8 20:57
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます