佐藤健、3度目共演・鈴木亮平に「勝手に近しいものを感じていました」

【モデルプレス=2019/11/08】映画「ひとよ」(11月8日公開)に出演する俳優の佐藤健と鈴木亮平が、発売中の雑誌『CREA』12月号に登場。お互いの印象について語った。

◆佐藤健&鈴木亮平「魂で向き合っている」

10年前のドラマ「メイちゃんの執事」で共演して以来、信頼を深める仲である佐藤と鈴木。今回3度目の共演となるが、佐藤は鈴木について「亮平くんは、どの現場でも最も安心できる俳優。役者もスタッフもそう思っていると思います」と印象を語った。

これに対し、鈴木は「コミュニケーション力で渡ってきた、『コミュニケーション俳優』ですからね(笑)」と言い、佐藤についてはクールだから誤解されることもあると、撮影現場でも話していたという。

佐藤は「俳優としては器用なタイプではなく、魂で向き合っているという意味では、亮平くんには、勝手に近しいものを感じていました」と鈴木との絆を示している。

ほかにも誌面では、2人のマイブームや出会いのきっかけなどを語ったインタビューが掲載されている。(modelpress編集部)

情報:文藝春秋

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/8 19:56
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます