ゲーム依存の17歳少年が死亡 発見した両親「止めるようにもっと言うべきだった…」(タイ)

拡大画像を見る

タイのウドーンターニーに住むピヤワット・ハリクンさん(Piyawat Harikun、17歳)が今月4日、自室で倒れているところを父親のジャランウィットさん(Jaranwit)が発見した。ジャランウィットさんはすぐに息子の蘇生を試みようとしたが、既に死亡していたもようだ。

発見当時のピヤワットさんは床に倒れており、パソコンデスクの椅子から床に転げ落ちたものと見られている。デスクの上にはテイクアウトの食事が入った容器が置かれたままで飲み物のボトルが床に落ちており、ゲーム用のヘッドホンがパソコン本体の上に置かれていた。

ピヤワットさんの遺体を検視した医師によると、脳卒中によって死亡したとのことだ。

脳卒中を引き起こしたことについて、両親はゲーム依存が原因ではないかとみているようだ。両親の話によると、ピヤワットさんは学校が10月末から長期休みに入った途端に夜もほとんど眠らず、昼は部屋のカーテンを閉じて、毎日のように自室のパソコンでマルチプレイヤービデオゲームをして過ごしていたという。

食事の時でさえゲームを止めることなくパソコンにかじりついており、両親は仕方なく息子の部屋に食事を運んでいた。ピヤワットさんには何度もゲームを止めるように注意したが、一向に聞く耳を持たなかったようだ。

ジャランウィットさんはメディアを通じて次のように訴えている。

「息子は学校の成績も抜群に良かったんですが、ゲーム依存という大きな問題を抱えていました。息子には長時間のゲームを止めるように伝え『ゲームをする時間を減らす』と約束したのですが、そんな生易しいことでは手遅れになってしまいました。」

「息子は変われるきっかけを作る前に亡くなってしまいました。私はゲームが好きな子供を持った親達に伝えたいのです。子供が長時間のゲームを止めることができないのであれば、厳しく止めるように言う必要があります。さもなくば息子のようになってしまいますから。」

ピヤワットさんのように寝る間も惜しんでゲームを続けてしまう症状について、世界保健機関(WHO)では今年5月25日に“ゲーム障害”として国際疾病と正式に認定している。ギャンブル依存症などと同じ精神疾患として2022年1月に施行される予定とのことだ。

画像は『Mirror 2019年11月5日付「Teenage gaming addict dies from stroke ‘caused by all-night sessions’ at computer」(Image: ViralPress)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 11/8 5:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

13
  • しよく

    11/11 21:55

    学校の成績も良かったのであれば、相当な集中力の持ち主だったのだろう。こんな事で若い才能を失うとは勿体ない話だ。

  • 玉葱

    11/11 18:08

    依存になると、無理に止めさせようとして暴力にまで発展しちゃうからねぇ…。場合によっちゃ、国レベルで規制される時が来るかもね。運営側に対して、ログインに1日の時間制限けさせるとかね…。そうなる前に利用者側が成熟出来れば良いけど…多分それは無理だな…。インターネットに対して、便利さを求めるのは良いとして、使う側の人間が未熟だから…ゲームだけの話しじゃないしね…。

  • ワシも30年前はこの子と同い年位で、夏休みとなると朝から晩までゲーセン漬けだったなぁ。17歳くらいの頃って体力余りまくってて徹夜なんて全然余裕だし、キャパ超えるまで自覚なかったのかもしれんね。親も遠慮する事なかったのにね。

記事の無断転載を禁じます