バチェラー3ファイナルへ 誇り高きクイーン、“ギャップ萌え”で妻の座ゲットか

拡大画像を見る

Amazon Prime Videoにて見放題独占配信中の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン シーズン3』。残すところ2話となり、物語も佳境に。


最新エピソード(8話)では、4人に絞られた女性たちの実家にバチェラー・友永真也が訪問するという番組の中でも、重要な局面を迎えた。


最終話まで一挙に配信される10月25日(金)を前に、生き残った4人の女性たち一人ひとりに焦点を当てていきたい。なぜ彼女たちが生き残ったのか…。第二夜は、バチェラーから「理想像」と言わしめる 有力候補の双璧、野原遥。以下ネタバレあり。


戦闘服「ツナギ」武器「ネギ」、“ギャップ萌え”炸裂

野原遥、彼女の印象は、ずばり高貴。誇り高く、知性と品性を漂わせる。バチェラーとの結婚生活は、ただ裕福で幸せなだけではなく、風習の違いや妻としての責任など、戸惑いや苦労も多いだろう。そんな障害でさえ、彼女にかかれば“屁の河童”と思わせる迫力がある。MC陣からもバチェラーとの2ショットが「お似合い」と賞賛を浴びるほどのお墨付き。


また、バチェラーは、結婚相手の条件として「強い女性」を挙げている。グアム旅行では、過去のつらい経験を乗り越えた秘話も明かされ、バチェラーの心をグッと掴んだ。「強さ」に関しては、この4人の中ならトップオブトップ。まさに、知性と強さを兼ね備えた、誇り高きジャンヌダルクのよう。


しかし、高嶺の花過ぎて、正直近寄りがたい印象を持っている視聴者もいるだろう。重要なカギを握る実家訪問、その印象は見事に覆された。


彼女の実家は栃木で野菜を育てる農家。ツナギを着てネギを収穫する姿が映し出されると、MCの今田耕司 は「こんなことある?!松嶋菜々子やん」、藤森慎吾も「めちゃくちゃ良かった、ギャップが」と口々に絶賛。これぞ“ギャップ萌え”、もうずるいでしかない。


さらに、家族と接するときの彼女の表情は、これまでと一線を画すものだった。本当に仲が良いのだろう、柔らかい表情に自然な笑顔、今まで見られなかった親しみやすさが伝わり、バチェラーからも「こんな家庭的な一面あるんや。ええ家族やなって。安心しました」と評価はうなぎ登りのよう。


現に8話のローズセレモニーでは、「この人と、もっといたいな。正直にそう思った順番に選んできます」と明かしたバチェラーから、最初に名前を呼ばれている。岩間恵一強から、形勢逆転か。双璧の火花散らすバトル、最後まで見逃せない。


明日の第三夜は、双璧に割り込めるか?!“気配り達人”水田あゆみをピックアップ。



『バチェラー・ジャパン』シーズン 3
バチェラー:友永真也
司会進行役:坂東工
スタジオトーク出演:今田耕司、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃
製作:Amazon
(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

関連リンク

  • 10/22 21:56
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます