欅坂46菅井友香、長風呂で「気づいたら倒れてて…」

拡大画像を見る

アイドルグループ・欅坂46のキャプテン菅井友香が、20日に放送されたラジオ番組『レコメン!』(文化放送/毎週月曜~木曜22:00~25:00)の中で、長風呂に関する驚きのエピソードを明かした。

番組の中では「読売中高生新聞presents 実録・レコメン!リスナー事件簿」と題された企画が展開され、菅井はリスナーから届いた「僕は小学2年生の頃から空手を習っているんですが、毎年、夏の稽古が大変です。そのせいか、この前の稽古で”あること”をやらかしてしまいました。周りにも心配をかけてしまったので、気持ちを改めないといけないなと思いました」という内容を紹介した。

それからそのリスナーが番組に電話で生出演すると、菅井、そして月曜から水曜のパーソナリティーを務めるオテンキのりとクロストークを繰り広げる展開へ。リスナーが「(空手の稽古中に)脱水症状になってしまって、気絶しました。稽古が終わった段階だったんですけど、急に視界がクラクラして、気づいたら反対側の壁に頭をぶつけてました」と“あること”を告白すると、菅井は「えー……。それは周りも心配しちゃうね。怪我をしなかったのは良かったけど…」と言葉をかけた。

この話を受け、オテンキのりが「ゆかのすけ(※菅井の番組内でのニックネーム)さんはそういう経験ないの? あんだけ激しいコンサートをしているけれど」と菅井に質問すると、「コンサートではないんですけど、1度だけあって。倒れることは、丈夫なのでなかなかないんです。けど、“汗流して痩せたい”という思いから頑張りすぎて長風呂をしていた時に、気づいたら倒れててってことは1度だけありましたね」と驚きのエピソードを明かす。これにオテンキのりが「危ないねぇ」とコメントすると、菅井は「打ち所が悪かったら目を角にぶつけちゃうところだったので、本当に気をつけなきゃなって思いました」と反省していた。

関連リンク

  • 10/22 21:00
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます