140kmは出てる? ドミニカに“超天才”剛速球4歳少年現る、米衝撃「腕にロケットを…」

拡大画像を見る

ドミニカ共和国出身の4歳少年が投じる剛速球が大きな話題となっている。米メディア「ブリーチャー・リポート」は公式ツイッターで「この子供はまだ4歳にも関わらず、腕にロケットを持っている」と紹介。小さな子供から投じられる剛速球映像に驚きの声が上がっている。

米メディア「ブリーチャー・リポート」が4歳少年の剛速球動画を紹介

 ドミニカ共和国出身の4歳少年が投じる剛速球が大きな話題となっている。米メディア「ブリーチャー・リポート」は公式ツイッターで「この子供はまだ4歳にも関わらず、腕にロケットを持っている」と紹介。小さな子供から投じられる剛速球映像に驚きの声が上がっている。

 同メディアが公式ツイッターで掲載した映像では上半身裸の少年が約10メートルの距離から矢のような剛速球を披露。捕手役のグラブから心地よいミットの音も聞こえてくる。

 この動画をツイッターに投稿したドミニカメディア「Z101」のディレクター、エクトル・ゴメス氏は出生証明書とみられる書類も紹介している。野球大国・ドミニカ共和国に出現した、ヤンキースの剛腕チャップマンもビックリの天才剛速球少年。20年後にメジャーリーグの舞台で見られることを期待したい。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 10/20 17:00
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます