【日本S】鷹の“ジュリ様”グラシアルが決勝2ラン ポストシーズン4発目「メンタルの状態いい」

拡大画像を見る

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手が値千金の逆転2ランを放った。19日の日本シリーズ第1戦。1点を先制された直後の2回、左中間のホームランテラス席にアーチを打ち込んだ。

先制された直後の2回に逆転の一発を放つ

■ソフトバンク 7-2 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手が値千金の逆転2ランを放った。19日の日本シリーズ第1戦。1点を先制された直後の2回、左中間のホームランテラス席にアーチを打ち込んだ。

 本当に頼りになる助っ人だ。2回表に先発・千賀滉大が1点を失った直後、中村晃を二塁に置いて巨人の先発・山口俊の2球目を振り抜き、左中間のホームランテラスへと運んだ。

「相手はいいピッチャー。あの打席ではまっすぐを狙っていた。今日の練習でいい準備ができたからね」というグラシアル。これで今季のポストシーズンでは4本塁打と好調だが、その要因を「メンタルの状態がいいから。(後の試合も)今日みたいに一生懸命頑張りたい」と語った。

 大事な初戦をものにしたソフトバンク。「あと3つで日本一だが、相手も簡単なチームじゃない。僕たちは毎試合毎試合に集中していくだけ」と、グラシアルらしく真面目な言葉で締めくくった。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 10/20 7:30
  • フルカウント

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • グラシアルの数字の良くないインハイ… 厳しいとは言えないが甘いとも言えない1球… 山を張ってたとはいえボール半個分更に上に来てたらフライ凡退←だっただろうに( ̄▽ ̄;) ちょいデータに頼り過ぎた←ね、巨人バッテリー( ´-ω-)y‐┛~~

記事の無断転載を禁じます