沖縄・歴史を感じる!神の島「久高島」に行ってみよう♪

拡大画像を見る

沖縄県の離島に久高島(くだかじま)という島があります。今回は久高島が神の島と呼ばれている理由や、行く前に知っておいてもらいたいことを中心にご紹介します!!ぜひ、沖縄観光の参考にしてみてくださいね。


神の島、久高島



「久高島」は別名「神の島」とも呼ばれています。なぜかというと、祖アマミキヨが天から降り立った地で、ここから琉球王国(今の沖縄)が始まったとも言われているからです。(※”南城市公式HP”より)
平和への祈りや感謝が捧げられ、今でも島の人によって神事が行われている場所なんだそうです。


島のものは持ち出し厳禁



島にあるものすべてにパワーが授かってるとされているため、島のものはすべて持ち出し厳禁!!
珊瑚はもちろん。石でさえもダメです。
黙って持って帰ってしまい、良くない事が起こり、戻しに来た人もいるそうです。


真夏の久高島は熱中症注意



久高島は基本的にはレンタサイクル(自転車)で回りますが、とても暑いので熱中症には充分に注意してください!
私たちはこんなに可愛らしい場所で休憩しましたよ♪
途中で買う所もないので、飲み物を忘れずに持ってから、島内に行かれてください。


小さな島、だけども深い島。



とても小さな島ですが、歴史を大切にし、今日まで守られてきた島です。行く前にはぜひ、久高島について知識を入れてから行くことをお勧めします!
私も島のことを知って、より天、地、海へ、きちんと感謝して過ごそうと思いました。


<スポット情報>
久高島
住所: 沖縄県南城市知念字久高
電話: 098-948-7111

関連リンク

  • 10/18 20:59
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます