木下優樹菜のタピオカ店恫喝、小物ぶりが露呈でダサすぎる結末

拡大画像を見る

 “タピオカ騒動”で著しく好感度を下げてしまった木下優樹菜。ネット上では彼女がタピオカ店に送ったとされる“恫喝メール”のスクショも出回っているが、かなり闇が深いことになっている。

 姉が勤務先であるタピオカ店と何やらトラブルを起こし、妹である木下優樹菜が首を突っ込んだ形のこの騒動。流出している木下優樹菜からタピオカ店オーナーへのDMは、なかなか刺激的で恐怖を覚える内容と言って差し支えない。

<弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね>
<いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー
嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、
今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^>
<んで、給料明細だすの常識な。ww>
<色々頭悪すぎなw>
<週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー>
<覚悟決めて認めなちゃい♡おばたん♡>
<シカトですかー
ごめんなさいとか
すみませんとか
言えないの
認めたら負け?>

 木下は実姉が「タピオカ店をオープンした」と大々的にインスタで宣伝。タピオカ店には木下からだけでなく、彼女の心友である青山テルマからも花が贈られていたようで、木下ファンは「おめでとう!」と祝福に湧いた。

 しかし実際のところ、三児の母である木下の姉は、ママ友がタピオカ店をオープンさせるにあたって、そこで働くことになっただけに過ぎなかった。「文春オンライン」によれば、木下姉は子どもが夏休みに入ると限られた日数しか出勤できなくなり、オーナーであるママ友との関係に亀裂が入ったようだ。

 ところが木下はインスタで、「(姉は)給料もちゃんともらえず、、給与明細までもらえず、、、」「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと発信。姉が一方的な“被害者”であることをアピールしたうえ、前述の恫喝DMでタピオカ店オーナーに怒りをぶつけていた。

 結果的に木下のあまりに酷い言動が表に出たことで、世間の批判の矛先は木下に向かった。木下が夫婦でCMに出演していたP&Gの食器用洗剤「ジョイ」はサイトから動画を削除、木下がイメージキャラクターを務めていたCannonの「Kiss Mamaになろう。」のサイトも彼女の動画や名前を削除している。

 ヤンキー気質を公言してきた木下だが、社会的に今回の振る舞いは完全NGということである。もちろんそれでも彼女を支持するファンが全滅したわけではなく、「ユッキーナは悪くない」と擁護するファンもいるようなので、タレントとして完全に終わったわけではないだろうが、今後の仕事の方針には大きな影響が出るだろう。



 もしタピオカ店オーナー関係者による反論がなければ、今回の騒動は明るみに出ることもなく、タピオカ店側が悪者になっていたかもしれない。やはり一般人と芸能人とでは、発信力に大きな違いがある。

 また、木下DMにある「事務所総出でやりますね」「週刊誌にも言う」のくだりは非常に恐ろしい。巨悪に屈しない正義のヤンキーだったはずが、事務所やメディアという権威に頼ろうとしていたという小物ぶりが実にダサくもある。

 木下優樹菜の所属事務所「プラチナムプロダクション」は、最近では菜々緒や中村アン、佐久間由衣といった正統派女優を数多く輩出。かつてはギャル系モデルを育て、木下優樹菜や若槻千夏といったバラドルを次々とブレイクさせてきた大手プロダクションだ。ちなみに2011年に自殺で亡くなった上原美優さんも、同事務所の所属タレント。彼女のマネージャーは強面なことで有名だった。

 木下はいつまでもヤンキー気分がヌケないのかもしれないが、芸能人という立場を自覚すべきだっただろう。

  • 10/18 0:00
  • messy

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • この恫喝は大失策。テメーの事務所がチンピラヤクザ雇ってると宣言してるようなもの。見た目はまだしも、脳味噌が相当軽い。鮫並の脳しか持ち合わせてないらしい。

  • まる

    10/21 7:02

    事務所総出って肖像権の問題に対してでしょ、宣伝されると嫌って言ってるのに、店舗のインスタから画像を削除しないからの話でしょうに…。

  • 早くパクられればいいのに…(笑) って既にパクだし。

記事の無断転載を禁じます