高橋祐也、脅迫容疑でまた逮捕! 「内縁妻」元乃木坂46・大和里菜が“関係精算”に動いたワケ

拡大画像を見る

 昨年、覚せい剤使用の疑いで4度目の逮捕となった三田佳子の次男・高橋祐也だが、今度は“内縁妻”である元乃木坂46・大和里菜に対する脅迫容疑で御用となった。

 高橋と大和の交際は、2017年に一部週刊誌の報道によって明らかに。しかし高橋には当時、妻がおり、また大和に多額の“資金援助”を行っていたという点から、“恋人”ではなく“愛人”と伝えられていた。

「その後、両者は“事実婚”状態になったようで、4月には大和の妊娠も公に。そして、去る10月5日、高橋がTwitterで出産報告を行うとともに、親子の3ショットを掲載しました。しかしその直後、高橋が緊急入院したため、大和は実家に里帰りすることになったそうなのですが、高橋との結婚、出産に反対していたという大和の父親が『赤ちゃんを返さない』と言い出し、トラブルに発展。こうした経緯は、いずれも、高橋が自身のTwitterで明らかにしています(現在は削除済み)」(芸能ライター)

 報道によると、高橋は大和に対し、「お前の父親を殺してやりたいな」といった複数のLINEメッセージを送っていたという。

「実は高橋はTwitterに、『里菜と口論になったら、僕が前科あるからと言って宮城の両親が、いきなり脅迫だ!と言って警察に行ったみたいで』『お父様に会いに行きましょうか?と言ったら脅迫だと、、、赤ちゃんの父が祖父に合うのは脅迫なのか、、、』など、大和の親から『脅迫だ』と指摘された旨も投稿し、さらには、『弁護士も脅迫にはならないと言っていました』(現在は削除済み)などとツイートしていたものの、自身が行ったという“殺害予告”については何も触れていませんでした」(同)

 こうして5回目の逮捕となってしまった高橋だが、警察が動くことになったのは「間違いなく大和本人の意思でしょう」(警視庁担当記者)という。

「最初に警察に相談したのが父親だとしても、事件化には、大和本人の『被害意識の有無』が重要になってきます。昨年の逮捕時、高橋の“パトロン”だった三田は、ブログで『親としては、もう力及ばずの心境です』と、息子に対する“絶縁宣言”とも取れる文章を発表していたことから、大和が、金銭的援助を受けられなくなった高橋との関係を清算しようとしたとも考えられます。結局は、“金の切れ目が縁の切れ目”というところでは」(同)

 生まれてきた子どもからすれば、母親が「父親を警察に突き出した」という衝撃すぎる展開だが、今後両者の関係はどうなるのだろうか。

  • 10/17 17:27
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

21
  • 高橋祐也駄目じゃん

  • まさっち

    10/22 14:03

    虐待しているなら祖父母が保護的な意味で取り上げて育てても良いと思うが…単純に祖父母が父親はよく思ってないが赤ちゃん(孫)はむちゃくちゃかわいいってよくある家庭の確執だね。孫がかわいいからと言って取り上げるとかする前に祖父母は親でるないのだから一歩下がって見守ってください。頼まれてアヤスなら問題ないですが虐待もない?のに取り上げて会わせないのは誘拐じゃないのかな?…祖父母が孫の父親から脅迫の理論だと

  • 娘を守りきれず、孫だけでも守ろうという祖父の判断は間違いではなさそうだ。 この二人で育てるのはかなり危険。 無意識なのか意識してなのかわからないが、二人とも破滅へ向かっていく方を好んで選択しがちな様だ。

記事の無断転載を禁じます