太田光、相方・田中の手術で感じた“危機”「爆笑問題終わると思った」

拡大画像を見る

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、16日に放送されたテレビ朝日の番組『お願い!ランキング』の企画「太田松之丞」で、相方・田中裕二について語った。

この日は「コンプレックス」をテーマにトークが繰り広げられた。

講談師の神田松之丞は「田中さんは手術で金玉をとった。ふつうの人は2個から1個になったら、傷つくことなんですよ。それを太田さんがネタで何十年も言ってるから、あれがコンプレックスじゃなくなってますよね。コンプレックスになりがちなところなのを、太田さんがずっとボケ続けているから、優しさもあるでしょ?」と質問した。

それに対して太田は「あれはなんでかというと、真面目な話になりますが…」と切り出し、「田中が睾丸肥大で手術で摘出したというのは、結構シリアスな話だった。ボケにくいんだけど、ここでシリアスになっちゃうと、爆笑問題終わると思ったわけよ」と明かした。

そして、田中の手術について聞くために集まったマスコミの前で、ボケまくったという太田。松之丞が「太田さんも考えて、どうしようかと思うじゃないですか。それがバーンっとウケたというのは…」と聞くと、太田は「だから俺、前の日、寝ないで考えたもん。どうやってウケようかって」と振り返った。

松之丞が「田中さんもそこで『ありがとう』って太田さんに思ったでしょうね」と言うと、太田は「田中は『お前だけウケやがって』みたいな顔してさ」とぼやいていた。

関連リンク

  • 10/17 12:53
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます