「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”

拡大画像を見る

“タピオカ恫喝騒動”の批判が収まらない、タレントの木下優樹菜。

 木下が10月6日のインスタで、実姉が勤務しているタピオカ店とトラブルになっていると投稿し、これに店の関係者と見られる人物が、店オーナーにツイッターで送りつけたとされる脅しめいたDMを公開するとともに反論。木下はインスタの投稿文を削除して謝罪文を掲載したが、オーナー側は法的措置を辞さない構えを見せるなど問題が泥沼化の様相を見せるのと同時に、木下の株は急降下中だ。

 そんな中、ネット上で注目されているのが、過去の木下の発言だ。

「2014年、木下が無料通話アプリの新サービス発表会に出席した際、『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で共演し、いわゆるヘキサゴンファミリーだった里田まいとのエピソードを語り、里田がヤンキースの田中将大と結婚したことでアプリの登録名が“田中まい”になったため、誰だかわからずに“ブロック”していたと明かしていたんです。これに《ただの嫉妬じゃん》という茶化しとともに、かつては“おバカキャラ”として同じ土俵に立ち、今やメジャーリーガーのセレブ妻の里田、かたや今回の騒動でタレント生命危機まで囁かれる木下が比較され、《雲泥の差》《この格差すごい》とヤユする声が出ているんです」(夕刊紙記者)

 木下はフジモンとの2人の子を持ちながら、インスタでは保たれたその美ボディなどを披露し称賛を浴びる一方、〈痛過ぎる!〉〈下品〉などとするアンチも多い。それだけに、本人も謝罪で「凄く幼稚」と形容した“おバカキャラから脱せない行動”へのバッシングは、しばらく終わりそうにないが、この苦難を乗り切れるか。

関連リンク

  • 10/16 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 結局バカ姉妹が騒いだだけの騒動でしたね。 隣国の人の「お前が悪いー」てのは、大体ブーメランだと思って間違いない。 考えれないから経緯とか事情とか理屈が理解できないんだよね( ノД`)

  • 木下優樹菜の姉が、学が無いから「オープニングスタッフ」を「オーナー」だと思い込んで妹に「店を持つ夢が叶った!」と報告したことから始まっただけでしょう。優樹菜も、学が無いから「お姉ちゃんが店を出しました」ってファンに言っただけ。

  • さっさとパクられろ!!チョン…(笑)

記事の無断転載を禁じます