「ペットを守りたい」 千葉の被災者が描いた『同伴避難』の現実

拡大画像を見る

2019年10月12~13日にかけて、大型の台風19号が日本列島を襲いました。

5匹のペットを飼っている千葉県民のスガ(@suga23_5cm)さんは、前月に襲来した台風15号で被災した1人。

「ペットと一緒に避難はできないだろう」という理由から自宅に留まり、暴風による倒木や停電、断水といった被害を経験しました。

被災者が描いた『災害のリアル』に考えさせられる 「泣きそうになった」「すごく分かる」

前回の台風の教訓から、スガさんは『ペットを同行した事前避難』を試みますが、再び困難に直面することになります。

ペット同伴避難の現実

築40年になる古い一軒家に住んでいるスガさん一家。家で待機するのは危険と判断し、ペットと一緒に事前避難ができないかを避難所に問い合わせました。

しかし自治体の運営する避難所はどこも『ペットNG』。受け入れてもらえず、『ペット同伴避難』の難しさを痛感します。

その後、なんとか簡易的な避難場所を確保したスガさん一家は、風雨が酷くなる前に家を出ました。

店の駐車場に一時避難したスガさん一家でしたが、ペット同伴可能な避難所が開設されたため、そちらに移動。丈夫な建物の中で安心して過ごすことができました。

2度の大型台風を乗り越えたスガさんは、ペットを守ろうと災害対策をしっかり行ったことで、結果的に自分たちを守ることにつながったといいます。

『ペット同伴避難』の課題を描いた実録漫画に、ネット上では反響が上がりました。スガさんは多くの人に向けて、次のようなコメントをしています。

我が家が直面した問題は「ペット」でしたが、多分それぞれの家庭が、あの台風の下でそれぞれの困難に見舞われていたと思います。

それらの困難やしがらみが、いつか少しずつ解消できる世の中になりますように。

避難所でのペット同伴は「動物が苦手な人がいるかもしれない」「アレルギーの人がいるかもしれない」といった理由から断られる場合が多いのが現状です。

しかし、ペット用専門スペースを設けるなど、ちょっとした工夫で解決できるケースもあるかもしれません。

ペットの問題に限らず、乳幼児や高齢者のいる家庭、持病や障がいを抱えた人のいる家庭など、各家庭により事情があり、災害時に直面する問題もさまざまでしょう。

日本で暮らす限り、今後も災害に見舞われる可能性があります。いざという時に誰もが安心して避難をできるよう、社会全体で対策を考えていかなくてはなりませんね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @suga23_5cm

関連リンク

  • 10/16 13:15
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

32
  • あきひろ

    10/20 0:38

    なるほど。

  • いや そこらの自転車屋でなくて  せめてY'sロードくらい行けや 京都店無かったっけか

  • あきひろ

    10/20 0:27

    そこらの自転車屋やホムセンに普通に置いてあるのはせいぜいVOLT200まで。

記事の無断転載を禁じます