「まだ間に合う!」夏帆にフラれたイケメン俳優に思わぬエール

拡大画像を見る

 まるで映画のワンシーンのようだ。
 
 女優の夏帆が10月4日に放送されたトーク番組「A-Studio」(TBS系)に出演。俳優仲間から告白を受けた甘酸っぱい思い出が明らかになった。

 番組では夏帆と高校時代からの友人だという俳優・柄本時生と小林竜樹に取材を敢行。そこで柄本は、小林が夏帆に対して好意を抱き、愛の告白をしたことを暴露している。

 そのシチュエーションは、小林が、夏帆に告白しようと心に決めるも勇気が出ず、一度はそのまま別れたが、やはり今日伝えないといけないと思い、電話で呼び止め駅で再会。そこで思いを伝えたのだそうだ。

 夏帆も夏帆で恋愛経験が少なかったからだろうか、当時について「私も何かを察して緊張してしまって。ビールを買って飲みながら待ってたっていう。『飲む?』って言って渡して」と、不慣れな様子を露呈してしまったのだとか。

 夏帆は答えを保留したというが、地方ロケなどもあったため、返事をするまでに時間が空いてしまった。結局、「竜樹くんは友達」と返して恋愛関係に発展することはなかったという。

 11歳で芸能界デビューし、以来、ピュアなイメージのまま女優の階段を上る、夏帆らしい青春の一幕である。だが、このエピソードにネットでは《聞いている方がドキドキした》《あれだけのイケメンでも振られるのか》《竜樹にしておけばよかった》《まだ間に合う!》などと、小林へのエールが相次いでいる。

 極度の人見知りだという夏帆だが、そんな控えめな彼女が初めて「この役をやれるのは私かしかいない」と自ら思った作品が、10月11日公開の主演映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」。

 見たことのない夏帆に出会えそうだ。

(田中康)

関連リンク

  • 10/13 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ナタリー

    10/13 22:27

    竜樹にしておけば良かった。まだ間に合う!ってエールが、可愛くて笑っちゃいました。若いころは、いろいろありますね~。悩ましいけど、後になると楽しい思い出。もう若いころを過ぎた、おばさんの感想。何はともあれ、楽しく、幸せにね!(*^^*)

記事の無断転載を禁じます