成宮寛貴の復帰を阻む“闇”/芸能スポーツ「女子力男子」の道(終)

拡大画像を見る

 2016年12月、写真週刊誌「FRYDAY」に法律違反の薬物使用疑惑などが報じられ、芸能界を引退した成宮寛貴。同誌に情報を提供した友人は、同時に成宮のセクシャリティに関する事実上の暴露も行なっていた。

「成宮は、マスコミ関係者に送った直筆のFAXの中で、薬物疑惑に関しては肯定も否定もせず、『絶対知られたくないセクシャリティな部分がクローズアップされ』、自分のプライバシーが悪意を持って拡散されることに耐えられないと、芸能界引退を宣言したんです」(芸能記者)

 この騒動の中、プロレスラーのザ・グレートサスケが、〈その幕の引き方じゃあ我々家族は逆に許しませんよ〉と、10年前に自身の長男・アンドレ君が成宮にハラスメントを受けていたことを自身のブログで告白したことも話題になった。

 一方、成宮は自身のセクシャリティについて、ほぼ認めるような態度を過去に取っている。

「母子家庭に育ち、その母親も中学生の時になくなり、祖母に引き取られて極貧生活を送る中、弟の学費を稼ぐために新宿二丁目のバーで働いていたことを隠そうとはしません。そうした過去の日々で、某人気女優にイケメンぶりを見出され、舞台演出家に預けられて俳優の道を歩み出したわけで、成宮自身、これを自身のルーツと認めてきました」(前出・芸能記者)

 02年、ブレイクを果たした成宮の“元カレ”を名乗る男性が、週刊誌上で成宮との肉体関係を告白したこともあった。

「そのため、絶対に知られたくないセクシャリティな部分がクローズアップされたことが引退理由というには無理があり、他にも何か理由があったとも見られています」(夕刊紙記者)

 成宮は、つい先日、「女性セブン」でテレビ朝日系ドラマ「相棒」での復帰が報じられたが、自身のインスタで即、〈フェイクニュース〉と否定している。

「しかし、自身の37回目の誕生日である9月14日に公式サイト開設を発表。《僕は表現することがやっぱり好きなので、僕のウェブサイトを作り、そこで表現することにしました》とコメントしている。警察の世話になる厄介ごとを起こしたわけでもない成宮を、なんとか起用の方向へ持っていけないものかという、テレビ関係者が多いことは確かです」(前出・芸能記者)

 成宮の新たな芸能界での生き方を、見てみたいものだ。

(露口正義)

関連リンク

  • 10/13 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます