指原莉乃にサンドウィッチマンも、芸能界の“出入り禁止”ウラ事情

拡大画像を見る

 歌手の吉幾三が8月20日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)でテレビ局から“出禁”にされた苦いエピソードを明かし、話題となっていた。吉によると、札幌テレビの番組に出演した際、ガウン姿で局アナに抱きついたところ、同局を出禁になってしまったという。

 この話を聞いたMCの笑福亭鶴瓶は大笑いしていたが、実は鶴瓶もかつて東京12チャンネル(現・テレビ東京)の生放送番組で下半身を露出し、同局を35年にもわたり出禁になっていた。それもあって吉は「俺はまだいいよ。俺の場合はスッポンポンじゃないし」と反撃し、鶴瓶を苦笑いさせていた。

 芸能人にとって、テレビ局やラジオ局を出入り禁止にされるのは死活問題だけに、あまりないケースかと思いきや、さまざまな理由で出禁を言い渡される芸能人は意外に多い。その一部を紹介してみよう。

 すでに解除されているが、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしも、かつてテレビ局を“出禁”になっていた。2018年7月10日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した2人によると、見た目のガラの悪さが原因で、NHKを出禁になっていたという。彼らへの出禁は徹底しており、若手芸人の登竜門として有名だった人気お笑い番組『爆笑オンエアバトル』にも、まったく出してもらえなかったというから、当時の心境は相当ツラかったに違いない。

 テレビ局ではなくラジオ局を出禁になったのが、伊集院光だ。伊集院は91年3月からニッポン放送の人気ラジオ番組『伊集院光のOh!デカナイト』でパーソナリティを務めていたが、局側との関係が悪化し、番組改編期でもない95年4月末に番組が突然終了するハメになった。しかも、同局の幹部と大ゲンカしたことで、伊集院は実質上の出禁になったという。

■伊集院光はすでに解禁?

 だが、04年7月15日放送のニッポン放送開局50周年記念日スペシャル番組の中で『Oh!デカナイト』が一夜限りの復活を果たした際、伊集院は約9年ぶりに同局に出演。また、今年に入ってからは同局の『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』や『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』にもゲスト出演しており、出禁は過去のものとなりつつあるようだ。

 芸能人の出禁は何もテレビ局やラジオ局に限ったことではない。日本武道館からの出禁を噂されているのが、元AKB48の指原莉乃だ。17年のAKB48選抜総選挙の公約で、自身プロデュースのアイドルイベント『第二回ゆび祭り』の開催を計画した指原は昨年、開催に向けて日本武道館を予約。しかし、何度もスケジュール変更を繰り返した結果、同年中の開催を断念したという。

 それでも指原はあきらめきれず、翌年の開催に向けて動いたが、武道館側から“指原さんの予約は受けられません”と異例の“武道館出禁”を言い渡されてしまったのだとか。出禁の話はあくまで噂ではあるが、『第二回ゆび祭り』が今なお開催されていない状況を見ると、その信ぴょう性は高そうだ。

 納得できるものから厳しすぎるものまで、出禁の理由はさまざまだが、最大の被害者は、やはりファンだろう。出入り禁止にする側も、される側も、ファンを悲しませるのは、なるべく避けてほしいものだ。

関連リンク

  • 10/13 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • ☆なえみ☆

    10/13 23:14

    若い女性に暴言しか吐けぬ、僻み根性丸出しのお前達は下の下でしょう。

  • 洋子

    10/13 23:14

    お前らが裏で糸ひいとんねん。

  • 下の上なのにトップアイドルという、日本の芸能界の闇

記事の無断転載を禁じます