ジェニファー・アニストンらが「フレンズ」同窓会

拡大画像を見る

ジェニファー・アニストンは10月5日、人気ドラマ「フレンズ」のキャストと“同窓会”をしたそうだ。

同作のレイチェル役でブレイクしたジェニファーは、共演したリサ・クドロー、デヴィッド・シュワイマー、コートニー・コックス、マット・ルブランク、マシュー・ペリーと共に、コートニー宅で夕食を囲んだという。

米ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」に出演したジェニファーはこう話している。

「土曜の夜、ディナーに集まったのよ。全員いたわよ!」
「シュワイマーが町に来ていたし、みんなちょうど時間が空いていたから集まったの。大笑いの連続だったわ!」

またファンのみならず、キャストも同番組が名残惜しいようで、「みんな寂しく思っているわよ、毎日ね。今の私がいるのは、あの番組のおかげだから」と話すジェニファーだが、ドラマの再開に対しては消極的なようだ。

「みんな凄く乗り気だと正直に思う。(でも)リブート版はオリジナル版の足下にも及ばないっていう考えがあるでしょ。だとしたら、どうしてするの? 台無しにしてしまうわ!」

そんなジェニファーは以前、キャスト全員が乗り気だとして、ドラマ再開の可能性を示唆する発言をしたが、その後に「可能性はあるけど、今のところは白紙状態」と状況説明し、ファン達をぬか喜びさせたことを謝罪していた。
  • 10/10 1:04
  • Narinari.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます