ジェイソン・ステイサムとガイ・リッチーが再タッグ

拡大画像を見る

ジェイソン・ステイサムとガイ・リッチーが、新作アクションスリラー作品で再びタッグを組む。ジェイソンは、リッチーが監督を務めた1998年の犯罪コメディ作品「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」と、2000年の「スナッチ」に出演、そして今回ミラマックスによる、2004年のフランス映画「ブルー・レクイエム」のリメイク作で再びタッグを組むことになった。

リッチーは「このストーリーに命を吹き込み、そしてジェイソンの膝がまだ使えるうちに彼と一緒に仕事をするのを楽しみにしている」と話している。

オリジナル版では、武装警備員を配置した運送会社に勤め、同僚達の個人情報を収集する警備員アレクサンドル・ドゥマレの姿を描いていたが、今回のリッチーによるリメイク版は、ロサンゼルスの現金輸送会社に勤める男を中心に、時系列を前後させつつ、登場人物それぞれの視点を通して描かれるという。
  • 10/10 0:32
  • Narinari.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます