信じがたいVAR運用トラブル…スタッフが携帯充電のため機器のコンセント抜く

拡大画像を見る

 世界各国で導入が進められているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、サウジアラビアでは信じがたい理由でVARが正当に作動しないトラブルが発生したという。『スポーツバイブル』など複数メディアが伝えている。

 トラブルが発生したされているのはサウジアラビア1部リーグのアス・ナスル対アル・ファテー戦。この試合の中でVARによるビデオ判定が行われる際、機器が正しく作動しなかった場面があったようだ。

 だがその理由は高度な技術的問題などではなく、あまりにも初歩的でお粗末なミスだった。スタジアムの職員の一人が、自分の携帯電話を充電するために、VARに必要な機器の電源を落としてしまっていたという。

 VARの導入により誤審の減少が期待される一方で、運用をめぐるトラブルも各国で相次いでいる。先週末のリーガエスパニョーラでは、主審とモニタールームの通信に問題が発生してVARが正しく用いられなかったとして、レガネスがレバンテとの再試合開催を要求する騒動も起こった。

関連リンク

  • 10/10 0:31
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます