選手も激怒!サポーターが写真撮影時に女性選手の胸を触る

拡大画像を見る

ある女子プロサッカー選手の元に起きた、メキシコでの珍しいエピソードである。どうやらスポーツ界での男女平等の中には、未だに男尊女卑の人物が存在するようだ。それは給与面や影響力の面だけでなく、社会での公平な扱いにも表れている。


今回、一人の女子サッカー選手がある男性サポーターから被害を受けている。ヒューストン・ダッシュに所属するソフィア・ウエルタは、写真撮影に応じた際に胸を触られる被害に遭っている。


「昨日、ティグレス・フェメニーノ対ヒューストン・ダッシュの試合が行われた後に、写真撮影を利用して女子サッカー選手に対して、ひどい行動を取っている一人の男性サポーターを見つけました。このソフィア・フエルタに対する手を見てください(これは偶然ではない)。これはあってはならない行為だ」と『Fútbol Femenil』のCMでは記されている。


この不快で恥ずべき行為の被害に遭った後、同選手はロッカルームへの道のりで怒りを露わにしていたものの、彼女はSNSでこの件に関してはまだ何も表明していない。

メッシ、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>

関連リンク

  • 10/9 12:15
  • SPORT.es

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • スケベな顔したオヤジだなぁ…(笑)

  • まさまさ

    10/11 12:41

    こんな事言うの人間だけだぜ

  • …ず…

    10/10 13:12

    たまたまじゃないのか?選手と体を近づけようとしてそこしか手のやりばがなかったようにも見えるが……とはいえ。選手側が被害を訴え出るのならそれ相応の罰を受けてもしょうがない。一緒に写りたい気持ちは分かるが配慮が足りない。

記事の無断転載を禁じます