国民的美少女・高橋ひかるが突然の休養宣言 その背景にオスカープロモーションのお家事情が?

拡大画像を見る

 ドラマやバラエティ番組で活躍する若手女優の高橋ひかるが、体調不良により休養に入ることが判明した。

 高橋は2014年、全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得し、芸能界入り。2016年に『人生の約束』でヒロインとして映画デビューを飾り、2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演するなど、順調にステップアップしてきたが、所属事務所のオスカープロモーションは4日、本人が体調不良を訴え、診断で静養が必要と判断されたため、年内いっぱい休養することを発表した。

「国民的美少女コンテストは、芸能界でも指折りの大型オーディションですが、近年はグランプリを取ってデビューしてもブレイクできない子が多く、久々のヒットが高橋ひかるでした。高橋は、女優業はもちろん、情報番組やバラエティ番組でも活躍していましたが、高校に通いながら、ドラマ、映画、CM、バラエティと八面六臂に活動する中で、大きな負担が掛かっていたのでしょう。最近は『痩せすぎでは?』とも囁かれていました」(女性誌記者)

 人気が生命線の芸能人は“忙しくてナンボ”の世界。「高校生だから」という言い訳は許されないが、彼女が疲弊する背景には、オスカーの苦しい事情もあったようだ。芸能プロダクション関係者はいう。

「オスカーは大手事務所ですが、近年、台所事情が苦しくなっていると業界内で評判でした。エースの米倉涼子は活躍していますが、看板女優の上戸彩と武井咲は子育てモードに入ってしまい、剛力彩芽は恋人の前澤友作氏にご執心で開店休業状態。忽那汐里は活躍の場を海外に求め、日本ではすっかり見かけなくなりましたし、鳴り物入りで芸能界入りした後藤久美子の娘(エレナアレジ後藤)も、まったく話題になっていません。そのため、堀田茜や田中道子、小芝風花を猛プッシュしていますが、今ひとつ弾けず、期待を掛けているのが4月に入った元TBSの宇垣美里です。とにかくアンチが多い宇垣ですが、知名度や話題性はありますから、高橋の穴を宇垣が埋める展開はありそうです」

 高橋はまだ18歳。10月スタートのドラマも降板することになってしまったが、しっかり静養して、元気な姿を見せて欲しいものだ。

  • 10/8 17:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます