壮絶な大乱闘が勃発! 五輪予選で両軍入り乱れ、顔面から流血する選手も…

拡大画像を見る

2020年の東京五輪出場国を決めるヨーロッパ/アフリカ予選が、現在イタリアで開催されている。大会4日目となった21日に行われた開催国イタリアとスペインの一戦で、試合終了直後に両軍入り乱れて、殴る蹴るの大乱闘が発生し、波紋を呼んでいる。

東京五輪出場権を争うイタリア対スペインの試合後に…

 2020年の東京五輪出場国を決めるヨーロッパ/アフリカ予選が、現在イタリアで開催されている。大会4日目となった21日に行われた開催国イタリアとスペインの一戦で、試合終了直後に両軍入り乱れて、殴る蹴るの大乱闘が発生し、波紋を呼んでいる。

 イタリア・パルマで行われた一戦は4-3でスペインが勝利した。最後の打者を遊ゴロに打ち取ると、スペインの選手たちが歓喜の輪を作った。すると、スペインの選手と、イタリアの一塁走者だった選手が何やら言い合いとなり、そこから一気に乱闘に発展した。

 両軍がベンチから飛び出してきて、両軍入り乱れる大乱闘に。殴る蹴るの壮絶な事態となり、中には顔面から流血する選手も出てしまった。五輪の出場権を争う大会でのまさかの乱闘劇だった。

 ヤンキースのポッドキャスト番組「Core4」のマックス・ワイルドステイン氏もこの場面の動画を引用する形で「オーマイゴッド。スペインが最後のアウトを記録してイタリアを破った後、両チームの間で大乱闘が発生。瞬く間に酷い事態になった」と伝え、壮絶な乱闘に驚きを隠せない様子だった。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 9/22 17:20
  • フルカウント

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ヤネヤ

    9/23 18:44

    喧嘩両成敗で両方出場資格無いな。

記事の無断転載を禁じます