頭に「悪魔の角」を持つ男性、除去手術が無事成功(印)

拡大画像を見る

印マディヤ・プラデーシュ州サガールのレーリ村に住むシャム・ラル・ヤーダヴさん(Shyam Lal Yadav、74)は2014年頃に頭をぶつけ、そこから角のようなものが生え始めた。

当初、シャムさんは頭にある角のようなものが奇妙に感じたが、そのうち慣れてきてあまり気にならなくなったという。近所の理髪店で角を時々カットしてもらっていたそうだ。しかし5年も経つと、それは10センチほどに成長し、理容師の手には負えなくなったことから医師に相談した。

シャムさんはサガール市内にある「バギョーデイ・ティルス病院(Bhagyoday Tirth Hospital)」で診察を受け、除去手術に臨むこととなった。シャムさんの角のようなものは“皮角”と言い、別名「悪魔の角」とも呼ばれている。ほとんどの場合、角のような部分は手足の爪や髪の毛を構成するケラチン(タンパク質)からできているという。

そんなシャムさんの「悪魔の角」の除去手術は無事終わり、執刀した外科医のヴィシャル・ガジュビエー氏(Dr Vishal Gajbhiye)は次のように語っている。

「皮角はケラチンなどでできているため殺菌された医療用のカミソリで取り除くことが可能ですが、その部分に再度生えてこないように治療する必要がありました。」

「皮角は主に良性の病変ですが、悪性に変わることも視野に入れておかなければなりません。治療法はさまざまですが、手術のほかに放射線治療や化学療法などがあります。今回はシャムさんに対して、除去した箇所に皮膚移植を施しました。」

手術後10日ほど病院で過ごしたシャムさんは現在、移植した箇所が完全に治癒しているとのことだ。このような皮角が生える原因は不明だが、『The Sun』では日光や放射線などにさらされたことで症状を引き起こすこともあると伝えている。

今回のシャムさんの皮角は大変珍しいケースだったようで、医学雑誌『International Journal of Surgery』に報告されたという。

画像は『The Sun 2019年9月18日付「LIFE OF HELL Terrifying four-inch ‘devil horn’ growing from the top of man’s head is finally removed by doctors」(Credit: SWNS:SOUTH WEST NEWS SERVICE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 9/19 5:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 普通なら、皮膚にはこういう角質化が起きないようにするメカニズム、というかプログラムが活きている、はずなのですが。 酷いダメージ、あるいは断続的や継続的な負荷やストレスで、それが壊れてしまう事があるんです。 足の裏。特に指の付け根の母指球やかかと、でも地味に壊れてしまっている、といえます。

  • L子

    9/20 14:10

    爪や髪の毛と同じ成分のものがこんな頭頂部から生えてくるとは…不思議なり人間。

  • 人体の不思議

記事の無断転載を禁じます