AirDropで後続車からメッセージ 恐る恐る見ると… 「爆笑」「なんて平和」

拡大画像を見る

わざと車間距離を詰めて威圧したり、進路妨害をしたりする『あおり運転』。

事故につながる恐れもあり、社会問題になっています。

そんな中、1人のドライバーが運転中に体験した出来事をTwitterに投稿。大きな反響を呼んでいます。

後ろの車が、あおり運転?

エピソードを投稿したのは、@km03728012さん。投稿者さんが一般道を走行していると、後続の車がやや近付きすぎているような気がしたそうです。

「もしやあおり運転では」と思い、左側に車線変更をしようとしたところ、フロントガラスに吸盤で設置している投稿者さんのiPhoneに通知が入りました。

その通知は、近くのiOS端末と画像などを共有できるiPhoneの機能『AirDrop(エアドロップ)』を使って、後ろの車の運転手が送ってきたメッセージのようでした。

「何か文句を付けられるのでは」と思い、一瞬身構えた投稿者さん。恐る恐る見ると…。

これは緊急事態…!

なんと、後ろの車の運転手はトイレが我慢できず、かなり急いでいたようです。投稿者さんは事情を察し、すぐに道を譲ってあげたといいます。

予想外すぎる展開に、多くの人からコメントが寄せられました。

・今度からあおられたら「この人はウンチを我慢してるんだ」と優しく譲ろうと思います。

・『AirDrop』ってそんな使い道があったのか…。

・あなたは1人の人生を救いました。

・なんだか平和なニュース。笑いました。

通知を見て「笑ってしまうと同時に心配にもなった」という投稿者さん。

譲られた車の運転手が、トイレに無事間に合っていることを祈らずにいられませんね…!

[文・構成/grape編集部]

出典 @km03728012

関連リンク

  • 9/18 16:35
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 壁∥* ̄ー ̄) ↓お仕事で長距離とかトラックに乗っている方だと トイレのタイミング合わない事もあるのでは? 体調とかもあるし… 多くの人が自宅のトイレで済ませたいでしょう… 普通ってなんでしょう?

  • (車に)乗る前にトイレ行けばそういうことはない。普通なら自宅からの車でトイレ済ませてからの運転するのが良い。今の時代、どういう人がいるのかも分からないとはいえ、普通に考えるようにしなきゃだね。

  • 確かに運転中にスマートフォン操作大丈夫?って思うけど、平和だな。

記事の無断転載を禁じます