朝ドラネタをぶっ込んできた「ルパンの娘」瀬戸康史と岸井ゆきのペアに喝采

拡大画像を見る

 女優・深田恭子主演のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の第9話が9月12日に放送され、“朝ドラ繋がり”を狙った小ネタにネットでは大きな注目が集まっている。

「このドラマは、代々泥棒一家の娘・華(深田)と代々警察一家の息子・数馬(瀬戸康史)との決して許されない恋を描いたラブコメディ。最終章と銘打たれた第9話では、一年が経ち華への思いを諦めた数馬が、以前お見合いをした元警視総監の娘・エミリ(岸井ゆきの)と婚約。そんな数馬とエミリのチャペルでの何気ないやりとりが話題騒然。視聴者は見逃しませんでしたね」(テレビ誌ライター)

 チャペルを下見する二人。喜びのあまり目に涙を溜めたエミリ(岸井)は、顔を上げ数馬を恥ずかしそうに見つめると、ここで一句「満たされる あなたといれば まんぷくだ」と俳句を詠むと、にっこり微笑む数馬は「久しぶりに聞いたな…575」と答える場面が登場。

 このシーンを見た視聴者からは「まんぷくだぁぁぁっ!!!!」「まさかの朝ドラ『まんぷく』ぶっ込んできた。神部くんとタカちゃん」「まんぷくファンには嬉しすぎる」「狙ったやろ?」「朝ドラ繋がりかっ?」といった歓びのコメントがネット場では躍っている。

「『まんぷく』とは、去年10月に始まったNHKの朝ドラのこと。このドラマの中で、瀬戸は主人公・萬平(長谷川博巳)を支える神部茂役を。一方の岸井はヒロイン・福子(安藤サクラ)の姪っ子・タカ役を演じ、二人はやがて結婚。話題の夫婦だっただけに、『ルパンの娘』の第4話が8月1日に放送され、和馬のお見合い相手が岸井演じるエミリだとわかると、二人の再共演が大きな反響を呼んでいました」(前出・テレビ誌ライター)

「ルパンの娘」はコメディタッチの演出に加え、要所に散りばめられたパロディも見どころの一つ。その度にSNSでも注目を集めてきた。

「例えば第5話では、田中みな実演じる女泥棒・ドロンジョがセクシーファッションで何度も足を組み変える場面が登場。これは人気映画『氷の微笑』でシャロン・ストーンのパロディ。また華にプロポーズをした大泥棒・円城寺輝がレーザーセンサーをダンスでクリアする場面は、話題になった映画『オーシャンズ12』のレーザーダンスのパロディ。今回の岸井演じるエミリの俳句も『まんぷく』ファンにとってはたまらない一句となりました」(放送作家)

  今回の平均視聴率も6.9%と振るわなかった。このドラマは、どうやら“記録より、記憶に残る”ドラマなのかもしれない。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 9/17 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます