二宮和也「伊藤綾子との結婚」マンション1棟+1室「計5億円」の決意

拡大画像を見る

 2020年12月31日をもって、活動休止となる国民的アイドルグループ「嵐」。

 8月24日、25日に放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)では、メインパーソナリティを務め、来年に迫った東京五輪では、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」を務めるなど、活動休止を前に、嵐のメンバー5人は多忙を極めている。

 そんな中、二宮和也(36)が、この3月に都心に建つ3億円の超高級マンションを購入し、かねてから交際していた元フリーアナウンサーの伊藤綾子(38)との同棲生活をスタートさせたと、9月17日発売の『女性自身』(光文社)が報じた。

「記事によると、今年に入ってから、高級物件のみを取り扱う、富裕層向けの不動産会社に二宮と伊藤が、別々に訪れる姿がたびたび目撃されたといいます。内見時には2人で来店し、終始ラブラブで、交際を隠そうともしなかったということですから、二宮本人としては“バレても構わない”ということなんでしょう」(芸能記者)

 二宮は、今年の春先ごろに前に住んでいたマンションを引き払い、現在の3億円超高級マンションでの同棲を開始したと、『女性自身』では伝えている。

 前に住んでいたタワーマンションとは違い、新居には大きな庭もあるため、ゲーム好きで引きこもりがちな二宮を、伊藤が庭に連れ出して、2人で日光浴をすることもあるという。

 二宮と伊藤については、2016年に『女性セブン』(小学館)が2人の“お泊まり愛”をスクープ。昨年7月には『週刊文春』(文藝春秋)が、二宮と伊藤のモルディブへの“婚前旅行”を報じている。

「伊藤は自身の会員制ブログに、嵐グッズや二宮の私物と思われるものを写り込ませたり、左手薬指に指輪をはめた写真をアップするなど、二宮との交際を“匂わせる”ことで、一部の嵐ファンから激しいバッシングを受けてきました。そういったトラブルもあり、2017年3月には当時出演していた『news every.』(日本テレビ系)を降板。昨年3月には所属事務所も退所し、芸能活動を休止しています。

 それ以降は表に出ることはなく、献身的に二宮を支え続け、二宮もそんな彼女との関係にケジメをつけようと、嵐の活動休止後、2021年に結婚することは間違いないと、関係者の間ではもっぱらです。しかし、どうやら二宮の両親が、伊藤との交際、そして結婚に反対しているようなんです」(前出の芸能記者)

■2億円のマンション1棟を両親にプレゼント

 伊藤との交際についてはジャニーズ事務所も当初は難色を示し、また、嵐の育ての親である藤島ジュリー景子副社長も2人の結婚には猛反対していたという。

 さらに、今年2月、『FLASH』(光文社)や『週刊女性』(主婦と生活社)が、二宮の両親が伊藤との結婚に反対しており、それが原因で親子関係が悪化していると報じている。

「2017年春、二宮は両親のために都内の下町エリアにマンションを購入したといいます。それもマンション1室ではありません。4階建てのマンション1棟を新築したんです。土地、建物を合わせて2億円前後だとみられます。

 親への感謝の思いから、マンションをまるごと1棟プレゼントしたのでしょうが、結婚を反対されたこともあり、現在では両親の住むマンションにはほとんど寄りつかず、新居である3億円の高級マンションの住所も親には伝えていないとか。ファン、事務所だけでなく、両親にも祝福されない結婚……それでも今回、新居での同棲生活をスタートさせたということで、二宮は、すべての反対を押し切ってでも、伊藤と結婚したいということなんでしょう。この3年で5億円もの大金を使って、真の自立と伊藤との結婚への準備を進めた二宮。彼の決意は本物でしょう」(前同)

 嵐の活動休止後、2021年以降、二宮は現在の新居で伊藤との新婚生活をスタートさせることになるのだろうか――。

関連リンク

  • 9/17 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます