電車で3歳児に「つかまって」と指示する母親 横で見ていた男性が絶句する

拡大画像を見る

電車などの乗り物に乗っている時、たいていの人はつり革や手すりにつかまります。

特に高齢者や子どもなどの足腰が弱い人は、何かにつかまっていなければ転倒する恐れもあるでしょう。

3歳児の行動にキュンとする

ある日、電車に乗っていた、おばけ3号(@ghost03type)さん。

隣に3歳くらいの男の子が立っており、そのさらに隣に男の子の母親が立っていたのだそうです。

母親が「電車は揺れるからつかまって」と男の子に声をかけると、子どもは思いもよらない行動に出たといいます。

それは…。

すごいキリッとした表情で、俺の足に抱き付いてきた。

がっしりとして安定感があるように見えたのでしょうか…3歳の男の子がつかんだのは、なんとおばけ3号さんの足!

突然の出来事に、おばけ3号さんも驚きを隠せなかったことでしょう。

投稿されたエピソードに、多くのコメントが寄せられていました。

・これは足から幸せがジンワリと広がってきますね。

・めっちゃ可愛い!うらやましい。

・「パパと手をつないで」といわれた知らない子どもが、自分の手を握ってきたことがあります。

・世知辛いニュースが多い中で、これは癒される。

つかまれたほうも幸せな気持ちにしてくれる、3歳児のピュアな反応。

こんなことをされたら、黙って足を貸してあげるしかありませんよね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @ghost03type

関連リンク

  • 9/17 15:28
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • すんません‼️✋😢鼻血モノですわ⁉️σ(^_^;)?(爆)私個人‼️、現在✋😓通院中の身です故に‼️余計に、かような仕打ち(?)を、されますれば‼️(笑)✋😓笑顔を、その子に見せ‼️幸せ😃💕な一時を、満喫する‼️✋😆事でしょう❓️σ(^_^;)?(爆)

記事の無断転載を禁じます